ここから本文です

チェルシー、セルビア代表MF獲得に98億円用意と英紙報道 補強禁止処分の解除を想定か

11/11(月) 18:20配信

Football ZONE web

ラツィオのMFミリンコビッチ=サビッチ獲得を目指す

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーは現在、FIFA(国際サッカー連盟)から補強禁止処分が下されている。しかし処分が解除された時に向け、早ければ1月の移籍市場で獲得するためにラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチとの交渉を進めているようだ。英紙「サンデー・ミラー」が報じている。

 ラツィオに所属するミリンコビッチ=サビッチは、17年から18年の夏に向けて多くの欧州のトップクラブから関心を持たれ、移籍が間近とまで言われていた。マンチェスター・ユナイテッドが長らく関心を寄せ、フランス代表MFポール・ポグバの後釜という声もあったほどだ。だが、今夏にラツィオと新契約を締結。「マンチェスター・ユナイテッドの話は終わった」と述べていた。

 ただ、ここにきて新たにミリンコビッチ=サビッチ獲得に向けて動き出したクラブがある。それが今夏にフランク・ランパード監督が就任したチェルシーだ。「サンデー・ミラー」は、「ランパード監督が最初に契約する選手になる準備ができている」と伝えている。

 チェルシーは現在、FIFAの処分により補強を禁止させられているが、11月20日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)から出る判定によって処分が軽減されると考えており、そうなれば1月の移籍市場で選手獲得がオープンになる可能性がある。そうなった時に向け、チェルシーはすでにラツィオとコンタクトを取り、7000万ポンド(約98億円)の移籍金を出す意思を伝えているという。

 今季のチェルシーはランパード監督の下、若手とベテランが融合しながらリーグ戦3位につけている。もしミリンコビッチ=サビッチを獲得することができれば、リーグ後半戦に向けて大きな補強となりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/11(月) 18:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事