ここから本文です

中山雄太、痛恨の失点関与…ズヴォレはトゥエンテに1-2敗戦。中村敬斗は出番なしで日本人対決ならず

11/11(月) 0:23配信

フットボールチャンネル

【トゥエンテ 1-2 ズヴォレ オランダ・エールディビジ第13節】

 オランダ・エールディビジ第13節、トゥエンテ対ズヴォレが現地時間10日に行われた。試合はアウェイのズヴォレが1-2で敗戦を喫した。

 ズヴォレに所属するU-22日本代表MF中山雄太とDFファン・ウェルメスケルケン際はともに先発フル出場。トゥエンテに所属するFW中村敬斗はベンチスタートも、出番はなかった。

 先制に成功したのはトゥエンテ。16分、右サイドを突破したラティオーディエールがグラウンダーのクロスを供給。ニアでヴクキッチが合わせ、ゴールネットを揺らした。

 さらに25分、トゥエンテが追加点を決める。右CKからラティオーディエールがヘディング。右ポスト手前にいた中山の前にボールが飛んでくるが、タッチラインを割るかと思ったのか、しゃがんでしまいボールは無情にもゴールに吸い込まれた。

 後半に入るとズヴォレが反撃に出る。61分、左CKからグーチャンネジャードがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。ズヴォレが1点を返す。

 だがズヴォレは追加点を決めることができず、1-2で敗戦を喫した。

【得点者】
16分 1-0 ヴクキッチ(トゥエンテ)
25分 2-0 ラティオーディエール(トゥエンテ)
61分 2-1 グーチャンネジャード(ズヴォレ)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:11/11(月) 0:28
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事