ここから本文です

三好康児、初先発で2点に絡み首位撃破! 地元紙「チャンスをしっかり掴んだ」

11/11(月) 16:05配信

フットボールチャンネル

 ベルギー1部リーグ第15節のロイヤル・アントワープ対クラブ・ブルージュ戦が現地時間15日に行われ、ホームのアントワープが2-1で勝利を収めた。アントワープのMF三好康児は移籍後初先発に起用され、73分に交代するまでプレーしている。

 今季加入したアントワープでここまで6試合に出場していたが、全て後半途中からの交代出場にとどまっていた三好。今節はケビン・ミララスの代役となる形で、前節まで無敗で首位を走っていた強豪チーム相手に先発出場を果たした。

 前半にはクラブ・ブルージュが1点をリードして折り返したが、後半立ち上がりにはエリア内で三好からのパスを受けたFWディウメルシ・ムボカニが突破を図って倒されPKを獲得。ムボカニが自ら決めて同点とした。

 さらに64分、左サイドを突破したFWディディエ・ラムケル・ゼが深い位置から入れたクロスに三好が飛び込む。DFがクリアを試みたボールはGKシモン・ミニョレの体に当たってオウンゴールとなったが、三好の飛び込みが呼び込んだ決勝ゴールとなった。

 地元紙『ガゼット・ファン・アントウェルペン』では三好のパフォーマンスに採点「7」をつけた。「初先発のチャンスをしっかりと掴んだ。前半にはアントワープの狙いのあるプレー全てに絡んでいた」と評し、得点も含めた多くのチャンスに絡んだと述べている。

 今季初黒星を喫したクラブ・ブルージュも公式ウェブサイトのマッチレポートで日本人MFを称賛。「三好康児は特に危険な存在になった」と名前を挙げ、シュートやチャンスメークでゴールを脅かしていたことに言及している。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:11/11(月) 16:05
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事