ここから本文です

「それはもう、タモリさんの領域ですよね」ハライチ岩井を前に佐久間Pと能町みね子がその面白さを徹底解剖

2019/11/11(月) 7:00配信

Book Bang

岩井 同級生と会ったときの話とか。

佐久間 ただ、怒りだもんね。

岩井 あれはあの出来事のすぐ後がエッセイの締切だったので、むかついた感情だけで書きました。

佐久間 あれだけちょっと質感が違うんだよ。

能町 分類すると、妄想か怒りかどっちかですよね。

岩井 喜怒哀楽だったら怒が一番書きやすいですね。

能町 自分の怒りを無駄だとは思いつつ、人に説得するつもりで書く、なんでこれに腹が立つかを延々説明するというのは、すごく書きやすいです。

岩井 なんで俺は怒ってんだろうっていうことを分析していったら書けますね。

能町 面白い話を書けって言われると難しいんですけど、むかつく話を延々分析していくと、結果面白くなってくるっていうのはありますね。

佐久間 VIPの話もすごく岩井っぽいよね。

岩井 一つのことに固執して。

佐久間 一つのことからボケ、妄想のパターンがどんどん増えていく。

岩井 ネタっぽいですよね。

能町 ネタも含めて一貫しているんです。ずっと一点突破しているような。

岩井 軸があると書きやすいです。

佐久間 ルール無用の妄想ではない。

岩井 ルールは設けてますね。

佐久間 それが楽しくなってくる感じが、読んでいてある。多分、俺が好きな話は、全部そうなんだと思う。

日常の中の異常

能町 以前にもエッセイとか、文章を読んだりはしていたんですか。

岩井 いえ、活字は全然読みません。

能町 よく書けましたね。

岩井 雰囲気で書けそうって思われてるんですけど、全くそのあたりは通って来なかったんです。俺の文章はどうですか。硬いですかね。

能町 本当にナチュラルですよ。岩井さんそのまんまだなと思いました。しゃべっているのを文章っぽく整えたぐらいの、一番ナチュラルな感じがしました。読んでいて全然苦がないというか。

岩井 確かに、しゃべりのリズムで書いていますね。読んでいて詰まるところは直しています。

能町 私もこのくらいのナチュラルさで書きたいですもん。

佐久間 話し言葉とエッセイの文章って、やっぱり、変わっちゃうんですか。

能町 普通違いますよ。というか文章を書いている人がしゃべることって、まずあんまりないから。

岩井 漫才がするっと読めるような感じで書いてるんです。

能町 漫才の台本も文字にしてるんですね。

岩井 してますね。

能町 澤部さんの分も? 

岩井 一応してますね。本番でその通り言っているわけじゃないですけど。

能町 ちょっと意外。澤部さんってフリーなのかと思ってました。

佐久間 澤部論も書いてあるよね。大いなる無。

能町 これ、本人怒ったりしないの? 

岩井 わからないです。

能町 そういえば、芸人の友達ネタはないですね。後輩の話はあるけど。

岩井 芸事に対してはあんまり書きたくないんです。ネタを書くにあたってとか、自分の芸人観みたいなのは全然書きたくない。ラジオでも言わないですね。

能町 言ってないですね、そういえば。

岩井 文章でもラジオでも、テレビの収録のときにあまり上手くできなくてもどかしくて、ということも、全く言いたくないんです。そんなのどうでもいいじゃないですか、観ている人にとっては。

能町 だから毎回、だいたい日常なんですね。芸能人だからこれっていう話はそんなにないですよね。

岩井 芸能人の意識があんまりないんです。

能町 それがエッセイとしての成立度を高めているんですよ。

岩井 やっぱり『僕の人生には事件が起きない』んです。芸能人でも、事件が起きましたみたいなふりをしているけど、結局、そんなに大したことは起きていない。

佐久間 確かにこれ、岩井のこと知らなくても読めるもんね。岩井のファンじゃないと楽しめないって本じゃないよね。

岩井 それを大事にしているところもあります。誰がいつ読んでも面白いように。

能町 素材を変なところから持ってくるんですよ。組み立て式の棚とか。棚っていうテーマで書けないですよね。

佐久間 このエッセイには、ネタを作りに行ったというものはないよね。日常の中で、見方によってこう切り取ったっていう感じ。

能町 普通に生活している中に落っこちてくるもののほうがいいんですよね、きっと。誕生日パーティーに魚の絵を描いて持っていくとか、目的のある行動自体が異常なんですよね。普通の思い付きじゃないんですよ。

佐久間 あれは一番異常だと思った。もう、踏み越えてるよ。

岩井 でも、絵は真剣に描いてるんですよ。気持ち悪く描いたわけじゃないですから。

佐久間 誕生日の人に魚が関係あったの? 

岩井 なかった気がします。でも、貰って、こういう意味があるんだと思うより、なにも関係ないけどなんかこれいい、というほうがよくないですか。

能町 反応はでも、微妙だった? 

岩井 そうですね。そういうふうに受け止めてくれる子じゃなかったということですね。

2/3ページ

最終更新:2019/11/12(火) 11:13
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事