ここから本文です

KAZMAXが合成麻薬の使用容疑で逮捕、「峯岸みなみ」との親密写真流出で波紋

11/11(月) 16:40配信

デイリー新潮

恐喝で刑事告訴も

 産経新聞やフジテレビ、共同通信などは11日、麻薬取締法違反(使用)容疑で、「KAZMAX(カズマックス)」の通称で知られる金融トレーダー、吉澤和真容疑者(30)を警視庁が逮捕したと報じた。使用した疑いのある薬物は合成麻薬のMDMAだという。

【写真】「峯岸みなみ」の一貫した男の好み 眉が整った男ばかり

 ***

 産経新聞によると、10日午前に渋谷署員が吉澤容疑者を職務質問。尿を鑑定したところ陽性反応が出たため緊急逮捕した。吉澤容疑者は容疑を否認し、「クラブで飲み物に混入された」などと説明しているという。

 この吉澤容疑者について、デイリー新潮は7月8日、《AKB48「峯岸みなみ」、警察沙汰の有名トレーダーとの“親密写真”が流出》の記事を掲載した。

 記事では吉沢容疑者のオンラインサイトが突然に閉鎖されたり、恐喝で刑事告訴されたりしていたことなどを伝えた。以下は、その記事の再掲載である。

 親しげに顔を寄せ合い、リラックスした表情で写真に収まる一組の男女。女性は、AKB48の峯岸みなみ(26)である。

 隣に写る男性は、仮想通貨業界の有名人、KAZMAX(本名=吉澤和真)氏だ。一体何者なのか。

 個人投資家でもあるジャーナリストの小野登志郎氏によれば、

「KAZMAX氏は、2017年から仮想通貨の値動き予想やトレードをツイッター上にアップし知名度を上げたトレーダーです。急落した時に“ヒューッ”と呟く独特な表現も注目を集め、マスコミが仮想通貨で大金を稼ぐ人々を取り上げはじめた18年頃から、一気に有名になりました」

 実際、18年9月の「週刊SPA!」のインタビューで、KAZMAX氏は、17年末から18年2月中旬にかけてのビットコインの暴落を的中させ、この間だけで“ざっと6億円稼げました”と豪語し、“総資産50億円”と語っている。

「昨年8月にはオンラインサロンを開設し、月額3万円で彼の投資状況や投資指南を受けられるという触れ込みで、公称7000人超もの会員を集めました。単純計算で、月2億1000万円もの売上になりますね」(同・小野氏)

 ホリエモンこと堀江貴文(46)のサロンでさえ、会員数は約1500人、会費は1万800円だ。サロンの金額と人数だけを見れば、KAZMAX氏はホリエモンの13倍もの額を稼ぎ出したことになる。

 しかし、DMMに開設していた彼のオンラインサロンは、開設から間を置かずに突然閉鎖された。先のインタビュー記事で、その原因について“僕が反社会的勢力とつながりがあるとの情報提供があったよう”だと本人が語っている。反社との関わり自体は否定しているが、実を言うと、KAZMAX氏のトラブルは他にもある。6月17日には、恐喝で刑事告訴されているのだ。

 彼を刑事告訴した、トレーダーのマサ吉二段氏が語る。

「KAZMAX氏のサロンのメンバーなどから、彼の指示に従い投資を行ったところ、多額の損失が発生したという情報が私のもとに寄せられるようになり、実際に調べてみると、投資実績や経歴、投資手法が疑わしいものばかりでしたので、私のツイッターで注意喚起を促したのです」

 先の小野氏も、こう解説する。

「投資関連の情報商材やセミナー、サロンは玉石混合です。こうしたセミナーやサロンは“簡単に稼げる”と謳いますが、投資で簡単に稼ぐ方法などありません。金融リテラシーの教育を受けていない日本人は、安易にこうしたものに手を出すのではなく、まず無理のない範囲で、自分で取引をしてみることが大切です」

 マサ吉二段氏が注意喚起をした後、昨年5月には、KAZMAX氏本人から連絡があったという。通話ソフトSkypeで話をしたが、KAZMAX氏が感情的に怒鳴るばかりで、話にならなかったと、マサ吉二段氏は語る。その年の9月には面会し、“反省しているので許してほしい”と謝罪したKAZMAX氏に対して、マサ吉二段氏が詐欺的な行為をやめることを条件に謝罪を受け入れた。

「しかし、彼が手法を変えることはありませんでした。そこで私も注意喚起を続けていたのです。すると、今年5月14日に、KAZMAX氏からまた直接話しがしたいという申し出がありました。私がニコニコ動画で投資関連の動画を配信している最中に、彼からのSkypeを受けたら、“バチバチ締めてやっから、マジで”“死んじゃうよ? いいの? 大丈夫?”“すごい強いヤクザと繋がってる”などと言われました。配信中でしたから、もちろん音声も残っています。音声などの証拠と共に、17日に脅迫罪の告訴状を湾岸警察署に提出しました」(同・マサ吉二段氏)

1/2ページ

最終更新:11/18(月) 8:37
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事