ここから本文です

トライアウトで異例のアピールをした元西武・小石博孝

11/12(火) 15:52配信

週刊ベースボールONLINE

 43選手がNPB復帰を期して、11月12日に大阪シティ信金スタジアムで開催された12球団合同トライアウトに挑んだ。方式は例年と同様、1投手が打者3人と対戦するスタイルで、カウントは1ボール1ストライクから。無料開放されたスタンドからは歓声が飛び交うなど、人生を懸けた一投一打に注目が集まった。

小石博孝 気持ちを込めて使用した“市販”のグラブ

 投手は凡打に封じるか、野手は安打を放つのか――。“実戦形式”で行われるトライアウトにあって、結果ばかりに目が向く。ただ、ここでの“結果”は球団からの来季契約のオファーだ。打席や投球結果の結果が良くても、声がかからないことは当然ある。

 では、12球団のスカウトたちは、何を見ているのか。とある球団プロスカウトが言う。

「投手なら良いボールを投げる、野手ならスイングが鋭いなどは、シーズン中から見ているので分かっていること。ここ(トライアウト)で、それを判断して獲得に動くことは、まずありません。あくまで、しっかり動けているかなどの最終確認です」

 選手の能力は承知のうえだが、さらに見るポイントが、もう1つある。

「あとは姿勢です。たらたらやっている選手を獲得しても仕方ない。野球に対する姿勢は、大事なポイントになります」

 この日、“姿勢”でアピールしたのが元西武の小石博孝投手だった。三塁ベンチから姿を現すと、スタンドに向かって声を張り上げた。

「元埼玉西武ライオンズの小石博孝です。今日は、よろしくお願いします!」

 一礼してマウンドに向かうと、大歓声が沸く。そして打者3人に対して『左飛』『左飛』『三振』と無安打投球を披露した左腕は、挨拶の意味を説明した。

「今日、この日のためにやってきたわけではない。これからもプロ野球選手としてやるために、自分がやるべきことを考えて練習してきた。だから、僕という人を見てもらいたくて、挨拶したんです」

 大半の選手が「持ち味は出せた」「すがすがしい気持ち」と、自らのプレーを振り返る中で、“姿勢”をアピールした小石。「もう一度、チャンスが欲しい」――。最後に口にした言葉が、行動の根底にある。プレーばかりを見られているわけではないトライアウトで、異例のアピールは届くのか。

文=鶴田成秀 写真=宮原和也

週刊ベースボール

最終更新:11/12(火) 16:09
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事