ここから本文です

【プレミア12|採点&寸評】日本3ー2豪州|好走塁の周東と流れを作った岸が最高評価!MOMに選んだのは…

11/12(火) 5:03配信

THE DIGEST

[プレミア12・スーパーラウンド第1戦]日本3-2オーストラリア/11月11日/ZOZOマリンスタジアム

【PHOTO】艶やかに球場を彩る「美女チアリーダーズ」!

【侍ジャパン・総評】

 2点を先行される苦しい展開から4番・鈴木の本塁打で息を吹き返すと、2番手以降の投手は好投を見せて流れを作った。田口が止め、岸で流れを作り、甲斐野が勝利を呼び込んだ。攻撃面はバント攻撃に終始して迫力さを欠き、相手の守備のミスと投手の制球難に助けられた。

<野手>
1 中 丸佳浩(巨人)5.0
1番に起用もチャンスメークはできず。送りバントは決めたが、得点には繋がらなかった。

2 二 菊池涼介(広島)5.0
ハマると固め打ちできるが、そうでないと出塁すらできない。2番起用は再検討の余地がある。
 
3 左 近藤健介(日本ハム)5.5
打撃内容は良くなかったが、2つの四球でチャンスメーク。8回の2塁打が決勝点につながった。

4 右 鈴木誠也(広島)6.0
チームで唯一、相手に脅威を与えていた。追撃のホームランはその後の申告敬遠、押し出しへとつながっている。

5 指 吉田正尚(オリックス)6.0[7回交代]
7回に同点の口火となるヒットを打った。代走の周東や源田が賞賛されるが、ここでのヒットの芸当は並ではない。

→ 走 周東佑京(ソフトバンク)6.5[8回交代]
代走で入って二つの盗塁を決めた。同点ホームを踏む好走塁も光った。

→ 代 山田哲人(ヤクルト)5.0
2死一、二塁の場面で冷静に四球を選んでチャンスを拡大した。

6 一 浅村栄斗(楽天)6.0
決勝の押し出し四球を選ぶなど、3打数1安打1打点をマーク。主砲の鈴木に次いで状態がいい。クリーンアップでの起用を考えたい。

7 三 松田宣浩(ソフトバンク)5.0
安定した守備は光るも、打席では1安打のみ。バントの失敗もあり、厳しい結果に終わった。
 
8 遊 源田壮亮(西武)5.5
同点のセーフティーバントは見事だったが、この日の状態だと相手のミスを誘うのが精一杯だった。

9 捕 小林誠司(巨人)5.0[4回交代]
先発の山口の調子が今一つの中、うまくリードすることができなかった。

→ 打捕 會澤翼(広島)5.5
途中出場から1安打をマーク。9回の山﨑のリードは安定していた。

1/2ページ

最終更新:11/12(火) 5:28
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事