ここから本文です

「一人前のNBA選手になるには……」百戦錬磨の指揮官が明かす八村塁の現在地

11/12(火) 19:44配信

THE DIGEST

 11月11日(日本時間12日、日付は以下同)。ワシントン・ウィザーズは地元でチーム練習を行ない、13日から始まるアウェー3連戦に向けて準備を進めていた。

【PHOTO】美女揃い!妖艶ダンスで人々を魅了するNBAのチアリーダー特集!

 ここまでチームは8試合を終えて2勝6敗。サウスイースト・ディビジョン最下位、イースタン・カンファレンス14位に沈んでいる。

 今後勝ち星を増やしていくために不可欠なのは、守備面の改善だ。八村塁もウィザーズの日本語版公式ツイッターで「トランジションのディフェンスもそうですし、そういうところが僕らの課題だと思っています。チームとしてもそれはわかっていますので、そういったことが(練習のなかでも)多くなっています」と語るなど、ディフェンスがチームの弱点だと認めている。

 それは数字にも表われており、ウィザーズはリーグ25位の平均117.5失点、ディフェンシブ・レーティング(100ポゼッションあたりの失点)でも同28位の112.7と守備が崩壊。ターンオーバーや速い展開に持ち込まれ、イージーショットを許す場面が多くなっている。

 また、被フィールドゴール(FG)成功率はリーグ25位の47.0%、被3ポイント成功率も同21位の36.7%とどちらもリーグワーストクラス。自分たちの成功率はそれぞれ45.3%、34.1%と、相手の方が高いシュート確率を記録している点も気がかりだ。

 そんななか、スコット・ブルックス・ヘッドコーチ(HC)がここまでの八村についてこのように評していた。

「ルイにとってはすべてが初めてのことなんだ。(相手チームとは)初対戦で初のマッチアップ、(アウェーとなれば)初アリーナと、慣れるまでに時間がかかるのは当然のこと。2、3年かかる選手だっているんだ。試合のなかで冷静に判断できるようになるには時間がかかる。でもルイはよく吸収していると思うよ。NBAのルーキーとしての苦労はあるが、よくやっているし、馴染んでいるね」

 八村は8日のクリーブランド・キャバリアーズ戦で21得点をマークし、平均得点はチーム3位の13.6点に浮上。ブラッドリー・ビール(26.1点)、トーマス・ブライアント(14.8点)に次ぐ好成績を残しており、FG成功率49.0%もルーキーとしては上々だろう。

1/2ページ

最終更新:11/12(火) 19:44
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事