ここから本文です

取りまわしやすいコンパクトボディ!! 10年ぶりのデュアルパーパスとなるKLX230が登場 #ゴー・ライド

2019/11/12(火) 17:32配信

WEBヤングマシン

液晶デジタルメーターは速度、オド、デュアルトリップ、ガソリン残量、時計を表示。メーター横は各種インジケーターランプを設置。シートは、KLX230Rからウレタン密度を変え、幅と厚みを増やして快適性を重視。キーロック付きのサイドカバー内には、バッテリーとその下に車載工具を収納。

サイレンサーはKXイメージの楕円断面形状のテーパータイプ。純正オプションのETC車載器。取り付けには写真のリヤキャリアも必要になる。ホイールはアルミ製だが、スイングアームは鉄製となる。ホイールベースは1380mmと短めに設定。

φ37mmテレスコピックフォークはストローク長220mm。13 窒素ガス封入式リヤショックのユニトラックリヤサス。ストローク長は223mmを実現している。

ゴー・ライド編集部

4/4ページ

最終更新:2019/11/12(火) 17:32
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事