ここから本文です

次世代ボカロP・カンザキイオリ、新曲は『死ぬとき死ねばいい』 本人「それでも生きていたいと思ってくれたら嬉しい」

11/12(火) 18:11配信

KAI-YOU.net

ボカロP・カンザキイオリさんの約半年ぶりの新曲「死ぬとき死ねばいい」のMVが、11月13日(水)22時にYouTubeチャンネルのプレミア配信で公開される。

【画像】カリスマ誇る新世代のボカロP

MVの監督は、様々な表現と技法を掛け合わせ、多くのCMやMV、ライブ映像を手がける大野悟さん。

イラストは、カンザキイオリさんと同じくクリエイティブレーベル・KAMITSUBAKI STUDIOに所属、暖かく柔らかい世界観とアナログ感のあるタッチが印象的なイラストレーター・orieさんが担当している。

活躍の幅を広げる次世代のボカロP

自身が作曲した「命に嫌われている」は1000万回再生を突破。同曲の「歌ってみた」動画はまふまふさんはじめ多くの歌い手がアップし、その再生回数を合わせると推定1億PVを超える大ヒットを記録しているカンザキイオリさん。

ここ1年は自身の活動と並行して、注目のバーチャルYouTuber(Vtuber)・花譜さんのメインコンボーザーを務めるなど活躍の幅を広げている。

約半年ぶりとなる新曲「死ぬとき死ねばいい」のMVは、全編イラストとそれを背景に流れる歌詞が印象的な映像となっている。

なお、12月8日(日)からカラオケDAMで「死ぬとき死ねはばいい」のMVが独占配信されることも決定している。

カンザキイオリ コメント

この曲は私の過去曲「あの夏が飽和する」の正当な続編にあたる曲です。物語色の強かったこの曲が一周年を迎え、自分の中で温めていた人物像、それぞれの物語を考えて作り上げたのがこの、「死ぬ時死ねばいい」になります。
人間らしく、とは一体どういうことなのか、生きる上で大切なものって一体なんなのか。そんな疑問に押しつぶされて身動きが取れなくなっても、それでも生きていたいと、この曲を聞いてくれる皆さんが思ってくれたら嬉しいです。

Honda Yuuki

最終更新:11/12(火) 18:11
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事