ここから本文です

香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

2019/11/12(火) 18:51配信

ニューズウィーク日本版

<警察とデモ隊の宿命>

──一連の暴力が衝撃的なのはなぜか

平和で安定した都市、というのが香港のこれまでのイメージだったからだろう。現実にはそうでもない部分もあり、香港では過去にも数々の抗議デモが行われている。デモ隊と警察が激しく衝突した1967年の暴動(六七暴動)は、今回のデモよりも遥かに激しかった。
香港警察についても「プロに徹していて統制が取れている」という見方が多かった。特に1974年に警察など公務員の汚職を取り締まる廉政公署(汚職に対抗する独立委員会)が発足し、上層部が訴追された後の警察には良いイメージがあった。

もっとも、これほどの規模の抗議デモがアメリカの都市で8カ月も続いたら、もっと多くの死者が出て、警察による暴力も激化していただろう。2014年8月に米ミズーリ州ファーガソンで、白人警官が無防備な黒人青年を射殺する事件が起きた。発砲した警官が不起訴になったのを受けて抗議デモが始まったが、警察はデモの「初日」からゴム弾と催涙ガスを使っている。しかし香港では、一般市民は銃を所持していないし、警察が武器を使用するケースも元々きわめて少ない。暴力は稀だ。

──警察はなぜ同じ香港市民を攻撃するのか

それは、彼らが「警察」だからだ。香港には本格的な軍隊がないし、警察による人種差別もない。しかし、警察を暴力行為に走らせる基本的な原動力は、世界どこでも同じだ。市民と警察は対立するものだという通常のメンタリティに加えて、警察は暴力をふるっても罪に問われない側面がある。政治的な問題ではとくに、法執行機関は過剰な武力行使に走りやすい。

香港警察はまた、中国の治安組織である中国人民武装警察部隊(武警)から助言を得たり、訓練や装備の面で支援を受けたりしているようだ。中国の治安部隊は通常、デモを潰すときは徹底的に潰す。チベット自治区や新疆自治区など、少数民族に対しては特にそうだ。従って、中国の軍事手法が香港警察に浸透しているのは当然と言える。武警の人間が香港警察内に紛れ込んでいるという噂もある。

──平和に戻る方法はあるのだろうか

理屈の上では、ある。だが、実際問題としては、おそらくないだろう。

警察の暴力について本格的な調査を行うとともに、重罪犯を除くデモ参加者全員に恩赦を実施すれば、事態が収拾できる可能性はある。そのためには、第三者委員会ならびに腐敗防止のための委員会を立ち上げることになるし、香港特別行政区行政長官の林鄭月娥の辞任も避けられないだろう。だがそうすれば、デモ参加者たちの要求は1を除いてすべてが叶う。あとは普通選挙の実施だけだ。抗議デモは続くだろうが、警察が暴力を慎み、正義が行われそうだという確信を市民が持つようになれば、事態は鎮静化に向かうかもしれない。

3/4ページ

最終更新:2019/11/13(水) 19:56
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事