ここから本文です

SNSで人気のマンチカンコンビ 名付けの由来と多頭飼いの魅力に迫る

11/12(火) 19:45配信

ねこのきもち WEB MAGAZINE

愛猫に名前を付けたときのことを振り返ってみると、きっといろんな思い出があるのでは?

ねこのきもちWEB MAGAZINEでは「愛猫の名前の由来エピソード」について、飼い主さんに当時のお話を聞いてみることに!
今回お話を伺ったのは、Instagramユーザーの@purin_kittyさん。2匹のマンチカン「プリンちゃん(♀/写真左)」と「ぱんだくん(♂/写真右)」と暮らしています。
2匹のお名前エピソードとともに、多頭飼いの魅力についても語っていただきました。

プリンちゃんの名前の由来

2017年1月6日生まれのプリンちゃん。キレイな瞳と柔らかい毛色が魅力的なニャンコです。プリンちゃんの名前は、いくつか候補があるなかで家族みんなの意見が見事に一致したのだとか!

「プリン、シャボン、マカロン、せいこちゃん、ひなちゃん…といくつか名前の候補があったなかで、家族全員で付けたい名前を一斉に言おうとなりました。すると、全員一致で『プリン!!』と叫んでいました。即決でした(笑)」

プリンちゃんは、見た目のイメージにピッタリなかわいい名前をつけてもらったようです。

ぱんだくんの名前の由来

プリンちゃんを迎えてからおよそ2カ月が経った頃、新たに家族に仲間入りした「ぱんだくん」。茶白の毛柄がかわいい男のコです。
2017年2月10日生まれで、プリンちゃんの誕生日とも1カ月ほどしか変わらないため、本当の姉弟みたい! ぱんだくんの名前の由来は……

「ぱんだは2017年6月、上野動物園のパンダ・シャンシャンが誕生した頃に我が家に来ました。飼い主がパンダ好きなため、そのままパンダから名前を取りました」

「『ぱんだ』とひらがな表記にすることで、かわいらしさがでるかなと思って。今では『ぱん』と呼んでいますが(笑)」

飼い主さんがパンダ好きだったというのと、シャンシャンが来た時期とぱんだくんを家族に迎えるタイミングが重なったというのは、なにか縁のようなものを感じますよね! 2匹の名付けエピソードは、飼い主さんにとって今でもいい思い出となっているようです。

1/2ページ

最終更新:11/12(火) 19:45
ねこのきもち WEB MAGAZINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事