ここから本文です

静かに起き始める異変――。『バビロン』第7話あらすじ&場面写真公開!

11/12(火) 1:00配信

アニメージュプラス

小説家・野﨑まどによる“読む劇薬”と話題の同名小説(講談社タイガ刊)を原作とし、10月より放送中のアニメ『バビロン』第7話の先行カット&場面写真が公開となった。

【関連画像】第7話の場面写真(写真7点)

『バビロン』の原作は、TVアニメ『正解するカド』シリーズ構成、劇場アニメ『HELLO WORLD』脚本などで知られる小説家・野﨑まどによる同名小説。
主人公である東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社の不正事件を追ううちに、一枚の奇妙な書面を発見する。時を同じくして東京都西部に新たに誕生する『新域』と呼ばれる独立自治体をめぐって世界を震撼させる事件が勃発する。そして、その背後で妖しく蠢く謎の女の影――。『正義』とは何か、『悪』とは何かを問う問題作だ。

第7話『最悪』は、11月18日(月)よりTOKYO MX、BS11、AT-Xにて放送。

<あらすじ>
公開討論に登場した少年の正体に世間は驚愕する。隠し玉を逆手に取られた野丸に成す術はなく、正崎達は予定通り齋の拉致作戦を開始する。問題なく任務が遂行されていく中、ある異変が静かに起き始めていた。

<スタッフ>
脚本:安永豊 / 絵コンテ:小嶋慶祐・鈴木清崇 / 演出・作画監督:小嶋慶祐

(C)野﨑まど・講談社/ツインエンジン

アニメージュプラス 編集部

最終更新:11/12(火) 1:00
アニメージュプラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事