ここから本文です

トランクス派にもオススメしたい新感覚ボクサーブリーフ

2019/11/12(火) 19:00配信

FORZA STYLE

ヘインズはパックTだけじゃないんです

第199回目は、ヘインズのComfort Flex Fit Boxer Briefsです。

こちらの連載も200回を迎えようとしていますが、実はアンダーウェアについて紹介するのは今回がはじめて。原点回帰という訳ではありませんが、大人の男たるもの、直接肌に触れるアイテムには特にこだわりを持っておきたいものです。昔から見えないところに気が使えるのは、男の大事な要素のひとつですから。そこでアンダーウェアの定番として白羽の矢が立つのが、アメカジ世代にはお馴染み、ヘインズになります。

1901年にプレザント・ヘンダーソン・ヘインズとその弟ジョン・ウェスレイが立ち上げたヘインズ。パックTのイメージが強くありますが、もともとは紳士用アンダーウェア製造会社として設立されたブランド。アンダーウェアの歴史はパックTよりも深く、原型となる紳士用ブリーフ「スポーツ」は1932年に制作され、当時まだ珍しかった豊富なカラーでの展開が、ヘインズの成功の基礎となりました。

今回紹介する「Comfort Flex Fit Boxer Briefs」は、本国アメリカにて「2秒に1枚売れている」という大ヒットアイテム。最大の魅了はなんといってもそのフィット感でしょう。安定感&通気性に優れたカンガルーポーチ設計により、局部(フロント部分)を締め付けることなく、安定した着用感を実現。言ってしまえば、ポジションのおさまりがすこぶるいいということ。日本では今年の8月末より販売を開始しましたが、事前に行った体験型アンケートでは、実に95.5%がそのはき心地に満足と答えました。さらには絶妙な股下丈により、汗によるベタつきと袖口のめくれ上がりによる不快感が軽減されていたり、Fresh IQ 加工による抗菌防臭を兼ね備えているなど、ボクサーパンツとしてこれ以上ないほどの機能を兼ね備えているわけです。

機能面のことを言い出せば切りがありませんが、とにかくはいてみれば分かる気持ちの良さ。「しめつけ感ゼロ」ということは、普段トランクス派の方にとってもストレスなし。パックTと同じように、このヘインズのボクサーパンツが世の中の定番として知られる日は近いかもしれません。

Text:Tomomi Nishihara

最終更新:2019/11/12(火) 19:00
FORZA STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事