ここから本文です

久保建英がメッシやアザールと並ぶ「リーガ13節の主役」に! スペイン紙がベスト11選出

11/12(火) 15:34配信

SOCCER DIGEST Web

「プリメーラで最高の試合だった」と寸評される。

 久保建英の活躍ぶりは、現地スペインのメディアにも高く評価された。

 日本が誇る18歳の至宝は、現地時間11月10日のビジャレアル戦(ラ・リーガ13節)で主役を演じる。まず11分に華麗なドリブルから先制点に繋がるPKをゲットし、さらに20分には見事なワンツーを決めてこの日2つ目のPK奪取の起点となった。

【動画】久保建英がリーガ初ゴール&ドリブルでPK奪取!

 そして、53分だった。左サイドからパスをペナルティーエリア手前で右足でトラップすると、得意の左足に持ちかえて振り抜く。強烈なシュートは逆サイドに突き刺さった。

 18歳5か月6日での初ゴールは、4大リーグ(ラ・リーガ、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガ)での日本人最年少記録。森本貴幸(現アビスパ福岡)が2007年のカターニャ時代に樹立した18歳8か月21日を更新した。
 3-1で勝利したマジョルカの全得点に絡んだ久保を高く評価したのが、スペイン最大の発行部数を誇るスポーツ日刊紙『マルカ』だ。ラ・リーガ13節のベストイレブンにリオネル・メッシやエデン・アザールなどとともに選出。今節の主役のひとりとなった若きサムライをこう評した。

「若者が輝いた。彼はサッカーを楽しみ、ファンもそれを堪能した。マジョルカの久保は素晴らしい初ゴールを決め、ビジャレアル撃破に貢献。しかもPKをひとつ獲得し、もうひとつのPK奪取にも絡んだ。彼にとってプリメーラ(1部リーグ)で最高のゲームになった。しかもこれら全てを18歳でやってのけたのだ」

 マルカ紙が選出したリーガ13節のベストイレブンは以下の通りだ。

[GK]
セルヒオ・エレーラ(オサスナ)

[DF]
アンデル・カパ(A・ビルバオ)
ジエゴ・カルロス(セビージャ)
ディミトリオス・シオバス(レガネス)
アレイシ・ビダル(アラベス)

[MF]
フェデリコ・バルベルデ(R・マドリー)
久保建英(マジョルカ)
ダニエル・パレホ(バレンシア)
エデン・アザール(R・マドリー)

[FW]
リオネル・メッシ(バルセロナ)
カリム・ベンゼマ(R・マドリー)

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:11/12(火) 15:50
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事