ここから本文です

「ありえへん∞世界」村上信五らが、無実の罪で20年獄中にいた男性を取材!衝撃の独占映像も公開

11/12(火) 7:00配信

ザテレビジョン

11月12日(火)放送の「ありえへん∞世界スペシャル」(夜6:55-8:54、テレビ東京系ほか)では、全米史上最悪と言われる冤罪事件で、20年服役したクリストファー・タップが登場。中継をつなぎ、村上信五やゲストの泉谷しげる、大久保佳代子らが事件の裏側に切り込んでいく。

【写真を見る】冤罪事件の他、数分前の記憶すら失う認知症の男性の奇跡に一同感動

1996年、クリストファーは殺人容疑をかけられ、事件現場に残っていたDNAが一致しなかったにも関わらず、逮捕される。無実を主張し続けるも、突然クリストファーは罪を自白。しかしこれは、犯人をなかなか特定できない警察が、名誉のために自白を強要したのだった。事件当時はDNAが重要視されていなかったため、自白によりクリストファーは終身刑に。

今回番組では、クリストファーに対して、23日間休みなく行われた拷問のような取り調べを独占入手。あまりにも衝撃的なやり取りに、丸山隆平や安田章大も「こわ…」「洗脳やん」と絶句する。

そして2019年5月、事件の真犯人を23年越しに特定したのが、同番組でも度々紹介している天才科学者のシーシー・ムーアだ。彼女はDNA分析サイトを駆使した革命的な捜査で、1年で50件以上の未解決事件を解き明かしてきた。

真実を追い求め奔走した、被害者家族やクリストファーの弁護士、そしてシーシー・ムーアの活躍、アメリカ史上最悪の冤罪事件の全記録に迫る。

20年という長過ぎる月日を失ったクリストファーは中継で、「シーシー・ムーアは人生を変えてくれた。感謝しかないです」と言葉を送る他、現在の生活についても話す。

また、認知症の夫を支えた妻に訪れた奇跡のような出来事を紹介。村上らは「すごいな~こんなことあるんや」と感動。さらに中国の結婚式で、元恋人がドレス姿で乱入するドラマのような衝撃映像に大久保は、「私も登戸のサンクス前で、同じようなことをやった(笑)」と明かす。

(ザテレビジョン)

最終更新:11/12(火) 7:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ