ここから本文です

優良メーカーが文系を「欲しがる」こんな理由

11/12(火) 7:43配信

東洋経済オンライン

 就活において学生の誤解は数多いが、その中でも最も大きな誤解が「文系はメーカーに就職できない」「文系はメーカーに入社したら営業しかやらせてもらえない」といったものではないだろうか。

この記事の写真を見る

 とくに素材や機械といったBtoBメーカーは、自分に縁のない会社だと思い込んでいる文系学生がとても多い。メーカーといえば工場や研究所のイメージが強く、理系学生が進む企業だと決めつけている。

 しかし、どのメーカーでも文系社員を必要としている。メーカーにも文系出身が担当する職種はいろいろあるし、実際に活躍している文系社員が多数いる。そこで学生のメーカーへの誤解を解くべく、文系の大学3年生が実際にBtoBメーカーを訪問して採用方針や文系社員の活躍状況を取材した。

■文学部哲学科からも採用する三井化学

 三井化学は国内第3位の総合化学メーカー。汎用の基礎化学品から自動車部材用の樹脂、メガネレンズ材料など幅広い製品を生産する。化学といえば煙突の立ち並ぶ工場や、白衣を着た研究員のイメージが強い。そこで自分にはまったく関係ない業界だと思い込んでいる文系学生は少なくない。

 同社の新卒採用は毎年100人程度で、約3割が文系。文系の半分は総務や経理などの管理部門に、もう半分は事業部に配属となる。同社は事業部制であり、事業部に配属された場合はその事業に関連したさまざまな業務をこなす。文系だからとりあえず営業部へ配属するといった人員配置はない。

 三井化学を取材したのは、明治大学政治経済学部の蔭平萌恵さんと商学部の鈴木佳裕さん。まずは三井化学人事部の櫨山義裕さんに話を聞いた。

 蔭平萌恵さん(以下、蔭平):文系は化学の知識がありませんが、文系学生のどこを見て採用していますか。

 三井化学・櫨山義裕さん(以下、櫨山):基本的にはポテンシャル採用です。意欲的な学生生活を過ごしたか、チャレンジ精神はあるか、好奇心は旺盛かといったことを見ます。化学の専門性を問うことはありません。哲学専攻の学生を採用した例もあります。

1/8ページ

最終更新:11/12(火) 7:43
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事