ここから本文です

リーガの米国開催は実現せず? ルビアレス会長「国境超えるのはスーペルコパのような大会のみ」

11/12(火) 9:20配信

フットボールチャンネル

 スペインサッカー連盟のルイス・ルビアレス会長がリーガエスパニョーラの米国開催案について言及。実現する可能性が低いことを明かした。11日にスペイン紙『アス』が報じている。

 以前、ジローナ対バルセロナの試合(2019年1月27日)を米国で開催するという案が浮上したことがある。ラ・リーガが中心となって協議を続けていたが、スペインサッカー連盟やスペインサッカー選手協会、国際サッカー連盟(FIFA)の反対もあって、スペイン国外でのリーガ開催は実現せず。しかし、今度は今年12月に行われるビジャレアル対アトレティコ・マドリーの試合が米国開催案の対象試合として浮上している。

 だが、ルビアレス会長は「サッカーの国際化において、スーペルコパのようなトーナメント形式の大会のみが国境を超えることが出来る。国内リーグ戦は無理だ。それはFIFAと欧州サッカー連盟(UEFA)が明確にしている」と語り、リーガエスパニョーラの米国開催は実現しないとの見解を示している。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:11/12(火) 9:20
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事