ここから本文です

小室圭さん、主食が「うどん」「ピザ」でだいぶ太ったNY留学生活

11/12(火) 15:00配信

デイリー新潮

 まさに今、令和という時代の始まりを我々は目撃しているわけだが、かの親子はといえば、皇室の祝い事を手放しで喜べない“事情”があるそうで……。

【写真】小室圭さんと母・佳代さん

 天皇陛下のご即位に伴う儀式が続いていた10月23日、秋篠宮家の長女・眞子さまは28歳の誕生日を迎えられた。振り返ればこの1年、眞子さまと小室圭さんの結婚問題は膠着状態が続いている。圭さんの母親・佳代さんが抱える金銭トラブルが一向に解決しないことが背景にはあるが、新たな皇室の幕開けを祝福する国民の側からしても、こと秋篠宮家の話題となれば気を揉む人も多かろう。

 宮内庁担当記者が言う。

「昨年2月に宮内庁は、結婚に関する儀式を2年延期すると発表しましたが、行うにあたっては秋篠宮さまが“それ相応の対応”が必要だと、昨年11月のお誕生日会見で述べられています。ところが、この呼びかけに小室さんは応えていません」

 今月末に54歳となられる秋篠宮さまは再び会見に臨まれる。そこでのご発言に注目が集まるのは必至だが、今回は結婚問題について言及されない可能性がある、と先の記者は続ける。

「ひと足先の9月に誕生日を迎えられた紀子さまは、文書でお気持ちを公表されましたが、そこでは結婚問題についての言及は控えられました。即位に関する一連の儀式が行われている最中、結婚に関する話題を口にされれば祝賀ムードに水を差すという配慮が多分にあったのだと思いますが、無言を貫くことで、何も行動を起こさない小室一家への苛立ちを暗に示されたのではないでしょうか」

 わが子の将来を案じる母親の心痛は察するに余りあるが、ダンマリを決め込む小室家の側にも、拭い難い思いが芽生えつつある。

「秋篠宮家に配慮」

「最愛の眞子さまと会えない小室さんは、紀子さまが口にされたお言葉を思い返す日々だそうです」

 と明かすのは、さる宮内庁の関係者である。

「小室さんはニューヨークのフォーダム大へ留学しましたが、実は本来の第1志望はハワイ大だった。そのことを彼が宮邸を訪れ口にした際、紀子さまから“ハワイは止めましょう”と言われたんだそうです。これから公務で行く予定もあり、いろいろ書かれてはお互い面倒でしょう、というニュアンスで仰ったようですが」

 実際に、秋篠宮ご夫妻は2018年6月にハワイを訪問され、日本人移住150周年を記念する式典に出席されている。片や志望校を変更した小室さんは、その年の8月に渡米したのだ。

「小室さんからすれば、有無を言わせぬ紀子さまのお振る舞いに折れて、留学先を翻意したというわけです。結婚においては先方、ましてや皇族に気を遣うのは当然でも、借金問題が露見して以来、秋篠宮家に突き放されたと思い込んでいる小室さんは、もう少しこちら側に立ってくれてもいいのにと、釈然としない気持ちで一連の皇室行事を眺めているんだと思いますよ」(同)

 首尾よく結婚できていたなら即位礼に来賓で招かれていただろう小室さんは、夏休みも帰国せず、公の場に一切姿を見せていない。

 現地NYの関係者は、

「最近の小室さんは、自炊でうどんを作ったり、ピザを結構食べているのでだいぶ太って、それが彼自身、悩みのタネだそう。それで糖質制限ダイエットを始めたそうですが、野菜を多めに摂りたいところ物価が高いこともあってなかなか上手くいかない。借金問題を抱える佳代さんがカネの面で彼に手を差し伸べることはありませんが……」

 両家の溝は斯(か)くも深く、令和の御代を迎えても埋まる兆しが見えないのだ。

「週刊新潮」2019年11月14日号 掲載

新潮社

最終更新:11/13(水) 1:20
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事