ここから本文です

【プレミア12|採点&寸評】日本3-1メキシコ|6回1失点の今永が文句なしのMOM!汚名返上の坂本も高く評価

11/13(水) 22:24配信

THE DIGEST

[プレミア12|スーパーラウンド第3戦]日本3-1メキシコ/11月13日/東京ドーム

【プレミア12 PHOTO】日本3-1メキシコ|侍ジャパンがメキシコに勝って首位に浮上!決勝進出に王手をかける

【侍ジャパン・総評】
6.5
幸先よく2点を先行した侍ジャパンが3−1でメキシコを破り、決勝進出に王手をかけた。打線は1回からファーストストライクをしっかり捉えて2回までに3点を先行。試合を優位に進めた。投げては先発の今永が6回を1安打1失点の好投。ブルペン陣も無失点でリレーして試合を締めた。

<野手>
1 一 山田哲人(ヤクルト)5.0
スーパーラウンド初スタメンも、2回に四球で好機を広げただけで、指揮官の期待に結果で応えることができなかった。いまだ波に乗れていない。

2 遊 坂本勇人(巨人)6.5
1回に先制となる口火と盗塁。2回には打点を挙げた。4打数3安打1打点1得点の大活躍で、昨日の汚名を返上した。

3 指 浅村栄斗(楽天)5.0
前日に打球を受けた影響で、指名打者での出場。1四球のみでノーヒットだったが、打席でのアプローチは前日に続いて内容があった。
 
4 右 鈴木誠也(広島)6.0
初回のチャンスでいきなりタイムリー。6回にも二塁打でチャンスメークするなど、チームを引っ張っている。

5 二 外崎修汰(西武)5.5
初回の先制後に、チャンスを広げる右翼前安打。5番起用にしっかりと応えた。

6 左 近藤健介(日本ハム)6.0
3打数1安打1打点1四球。打順は下がったが、これまでよりも積極的になった。1打点は大きな自信になるはずだ。
 

7 三 松田宣浩(ソフトバンク)5.0
4打数ノーヒットで存在感を見せることはできなかった。

8 捕 會澤翼(広島)6.5
完璧なリードで今永を支えた。カウントが悪くなっても、相手に的を絞らせず、間違いをおかさなかった。打っても、1安打1四球と2度出塁し、1得点を挙げている。
 
9 中 丸佳浩(巨人)5.5[8回交代]
評 前半は犠打と四球で黒子役に徹し、8回1死から右翼前安打で出塁した。

→ 走中 周東佑京(ソフトバンク)5.0
代走での出場も盗塁を決めることができなかった。彼が一塁に代走に出たケースで、打者が5人が三振を喫していることをどう考えるのか。
 

1/2ページ

最終更新:11/15(金) 18:54
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事