ここから本文です

エンタメ植物園「HANA・BIYORI」が来年3月オープン!花とデジタルの融合を楽しもう【東京】

11/13(水) 15:15配信

じゃらんニュース

2020年3月、よみうりランド遊園地に隣接するエリアにて、これまでにない全く新しい形の植物園「HANA・BIYORI(はなびより)」がオープンします。
テーマはズバリ、エンターテインメントと自然との融合を目指したエンタメ植物園!さまざまな植物を身近に見て楽しむだけではなく、最新のデジタルテクノロジーと花の融合や日本の文化財が持つ魅力を満喫しましょう♪

魅力は花×デジタルのエンタメショー

ここで楽しめる注目のエンタメショーは、美しい花と最新のデジタル技術から生み出されます。普段は柔らかな光が降り注ぐガラスの温室が、暗転すればショーのスタート!プロジェクションマッピングでデジタルアートの世界が浮き上がります。
花が持つ自然の生命力と美しい光を放つデジタルテクノロジーの世界を表現した展示は日本初の常設施設となり、これまでにないプロジェクションマッピングを手軽に楽しめるもの。植物園の中に広がる、新しいアート空間を体感してみてはいかがでしょうか。自然と光、両方の魅力をより身近に感じ、ロマンティックなひとときが過ごせそう。

毎日満開!いつ訪れても美しい植物園へ

植物園内の中央にあるのが温室で、身近な花から珍しい品種まで、新たな発見をもたらしてくれます。見た目の美しさにもこだわっているので、ぜひ天井に注目してみて。彩り豊かなフラワーシャンデリア(吊り花)が空間を彩り、視界全体を美しい花々で楽しませてくれます。温室内に飾られるフラワーシャンデリアの数は、なんと300以上!関東最大級の規模で、訪れる人を歓迎してくれるでしょう。
HANA・BIYORIの魅力は温室だけにとどまりません。屋外広場は桜の木で囲まれていて、春には美しいピンクの風景が広がります。また広場に設置される花畑には約2万本の花々が咲き誇る予定です。オープン予定の春には、アリッサムやネモフィラ、マーガレットなど、春に見頃を迎える20品種が美しい景色を生み出してくれます。
温室の中でも外でも、四季折々の自然のパワーを感じさせてくれるHANA・BIYORI。心のリフレッシュにも最適なスポットとなりそうですね♪

1/2ページ

最終更新:11/13(水) 15:15
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事