ここから本文です

汎用性バツグン! 超人気お取り寄せグルメ「かにみそバーニャカウダ」を使ってみた

11/13(水) 10:50配信

食楽web

 知る人ぞ知るお取り寄せグルメとしてテレビなどでも紹介され、ひそかに話題になっているソース、『かにみそバーニャカウダ』をご存知でしょうか?

 販売しているのは、紅ズワイガニの水揚げ量日本一を誇る、鳥取県境港市のかに加工を専門とする老舗・門永水産グループ。地元の漁港に水揚げされる紅ズワイガニのカニ味噌を25%以上も使った、超濃厚なバーニャカウダ・ソースなのです。

 バーニャカウダのベースとなるにんにくや生クリームにもこだわりが。にんにくは青森県産“福地ホワイト六片”を、そして生クリームは“白バラ”ブランドでおなじみの大山乳業農業協同組合の大山純生クリームをそれぞれ使用しています。

 バーニャカウダは生野菜にディップしていただくのが一般的ですが、この「かにみそバーニャカウダ」さえあれば、ガーリックトーストやペペロンチーノも作れます。というわけで、さっそく試してみることに。

 これ、実際に使ってみてわかったんですが、めちゃくちゃ美味しくて、使いやすいですよ。売れているというのがよくわかります。というわけで、さっそくご紹介していきましょう。

かにみそバーニャカウダで実際に料理を作ってみた

 まずはガーリックトーストを作ってみます。半分に切ったバゲットに、量はお好みですが、スプーンいっぱい分のバーニャカウダソースを塗り、そのままトースターで3分ほど焼くだけ。

 トースターからもれる湯気が、もう美味しい! ガーリックの香ばしさがふわっと部屋中に広がります。実際に食べてみると、カニ味噌の濃厚さ、しょっぱさ加減も絶妙。これはおつまみにもぴったりです。

 さらに、このソースで作るペペロンチーノも美味しい、との情報を得ていたので、こちらも試してみます。ペペロンチーノは具材がシンプルな分、なかなか味が決まりにくい料理ですが、この「かにみそバーニャカウダ」をスプーン2杯(一人前)くらいフライパンに入れて、鷹の爪、ちりめんじゃこと一緒にさっとパスタに絡めてみます。

1/2ページ

最終更新:11/13(水) 10:50
食楽web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事