ここから本文です

KTMが390ADVENTUREをEICMA2019で発表!普通二輪免許で乗れる本格アドベンチャーが誕生!

11/13(水) 13:30配信

webオートバイ

大ヒットモデル・390シリーズに加わった本格アドベンチャー

日本でも大変な人気を誇るKTMの390DUKEとRC390。高回転域まで回して楽しめる390cc・DOHCシングルエンジンにしっかりした車体、KTMならではの豪華な足回りで、このクラスの他のモデルよりも走りの楽しさが際立ったモデルとして定評があります。

KTM 390ADVENTUREの写真を全て見る(30枚)

そんな390シリーズに、今回新たに待望のモデルが加わったのです!それがこの「390アドベンチャー」です!

ボディサイズはコンパクトながら、兄貴分と同様の「アドベンチャールック」が与えられた外観は堂々たるもの。欧州仕様のシート高は855mmで、さすがにこれは日本人にはキツそうですが、日本仕様が導入される際には、もう少しシート高が下がることに期待したいところです。

独特のフロントマスクは790や1290といった兄貴分の流れを汲んだデザイン。ひと目見てKTMだ、とわかるルックスは大きな魅力です。メーターは390DUKEなどにも通じる、大型カラーTFTの多機能タイプ。ABSに「オフロード」モードがあるのが見て取れます。

エンジンは390DUKE譲りの373.2ccDOHCシングル。パワーは44HPで、このクラスでは十分なスペック。390DUKEやRC390と比べて、どのようなパワー特性に仕立てられているかにも注目です。

マフラーはオーソドックスな右1本出し。パニアケースの搭載とバンク角の確保を両立すべく、サイレンサーの形状や角度には工夫が見て取れます。

鋼管トレリス構造のフレームワークは390DUKEがベースと思われます。フロントマスクとストロークを長めに取った足回りを採用していることがよくわかります。

充実した足回りはKTMならではの魅力。サスペンションは前後ともWP製で、フロントフォークは伸/圧側調整機構付きです。ラジアルマウントのブレーキキャリパーはブレンボグループのBYBRE製。ブロックパターンのタイヤはコンチネンタル製を採用しています。

フロント同様、WP製となるリアショックはプリロードと伸側調整機構付き。このサイズのアドベンチャーモデルはオンロード主体のキャラクターとなることが多いのですが、フロント19インチ、リア17インチという組み合わせは未舗装路などの走行も視野に入れた設定。プロモーションビデオではダートをガンガン走っていましたので、その走りにも期待できそうです!

アドベンチャーというと、これまでは大型モデルが中心となってきましたが、ジャストサイズで取り回しやすく、気軽に楽しむこともできる中間排気量のアドベンチャーは大歓迎!早い日本導入に期待したいところです。

最終更新:11/13(水) 13:30
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事