ここから本文です

シンプル&エレガントな、ケイティ・ホームズの着こなし。

11/13(水) 17:20配信

フィガロジャポン

斬新なファッションで全身を飾って人気を集めるセレブもいれば、さりげないおしゃれで日常スタイルのインスピレーション源になってくれるセレブもいる。カジュアルなエレガンスの筆頭に挙げられるケイティ・ホームズのスタイルを徹底解剖する。

その他の写真はこちら。

6年続いたジェイミー・フォックスとの交際が破局したばかりの女優ケイティ・ホームズ。彼女のニュースがファッション誌で大きく取り上げられたのは、夏の終わりのこと。シンプルなカシミアのカーディガンを同色のブラに合わせたコーディネートが話題を呼んだのだ。カーディガンとブラトップは、ベーシックに巧みな再解釈を加えたスタイルを提案して目下人気上昇中のニューヨークのブランド「Khaite(カイト)」のアイテム。テレビシリーズ「ドーソンズ・クリーク」でブレイクし、トム・クルーズとの結婚・離婚を経て、一時期忘れられていたケイティだが、この件でファッションの世界に見事復帰を果たした。

シンプル礼讃

この着こなしがセンセーションを巻き起こしたのは、ジェイミー・フォックスとの破局後というタイミングも大きかった。けれどスタイリングそのものは、仕立てがよく素材が良質であれば、シンプルな装いでも洗練されたスタイルは実現できるという基本を再認識させてくれる。勢いに乗ったケイティはその後、頻繁にカメラの前に登場し、とくにニューヨーク・ファッションウィークの時には、いくつものショーの最前列を飾った。ファッションウィークという特別な時期だけに、斬新なファッションに身を包んだ人々が街にあふれる中で、ケイティの装いはタイムレスな装いの力を静かに主張していた。

多くの人がトレンドを追いかける現状と逆行するように、いまやスタイリストもつけず自分で服を選んでいるケイティ。彼女が先例となって、カプセル・ワードローブというエシカルかつエコノミックなコンセプトに魅了される女性たちが今後増えて行くかもしれない。カプセル・ワードローブとは、多くを持たず、厳選したものだけを持つという発想から生まれた概念だ。マスキュリンなウールのコート、デニムのシャツ、ストレートデニム、上質なブレザーは、どれも流行りすたりとは無縁のアイテム。リトル・ブラック・ドレスもそう。シンプルなだけに、鮮やかな赤のリップとドット柄ストッキングを合わせれば、ぐっと華やかさを増す。シンプルが手抜きなんて、もう言わせない。

texte : Charlotte Arnaud (madame.lefigaro.fr)

最終更新:11/13(水) 17:20
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事