ここから本文です

アバルト70周年を記念したスペシャルなアバルト695 70°Anniversarioが100台限定発売!

11/13(水) 7:07配信

WEB CARTOP

初代モデルをオマージュした車体色がおしゃれ!

 FCAジャパンは、魅力的なスポーツモデルをラインアップするアバルトブランドの70周年を記念した限定車「695 70°Anniversario(セッタンタ・アニヴェルサーリオ)」を100台限定で発売する。2019年11月15日(金)19時58分より、公式ウェブサイト内の専用ページにて予約受付を開始する。5速マニュアル車が417万円(左/右ハンドル)、ATモード付き5速シーケンシャルトランスミッション車は434万円(右ハンドル)となっている。

【写真】初代をオマージュしたというエンブレムも装着!

 ベースとなっているのは595コンペティツィオーネ。最高出力180馬力のエンジンに、スポーツサスペンションやブレンボ製ブレーキ、高性能エキゾースト「レコードモンツァ」を装備している。

 まず目を引くのがボディカラーだ。個性的なグリーンの「Verde Monza 1958」は、アバルトが手掛けた初期モデル「フィアット500 エラボラツィオーネ アバルト レコルド」をオマージュしている。また、明るいグレーのフェンダーアーチならびにサイドスカートが、よいアクセントになっている。

 もうひとつのこだわりが大型リヤウイング。これは1970年に登場した「フィアット・アバルト1000TCR」にインスピレーションを受けたものとなっている。このウイングは最大60度まで、12段階での角度調整が可能。イタリア・トリノのオルバッサーノにあるFCAの風洞施設でテストを行い、200km/hで最大42kgのダウンフォースを発生させるという。サーキットの特性に合わせて、好みのウイング角に調整して走りを楽しめる。

 そのほか、専用の17インチアルミホイール、5速MT車にメカニカルLSDの採用など、見た目のみならず走りにも磨きをかけている。創始者であるカルロ・アバルトは、数値に表れる最高速度や加速性能のみならず、ドライバーの心を刺激するチューニングを施しており、これは695 70°Anniversarioにもしっかりと反映されている。

 限定数100台のうち、5速MTは左ハンドルが20台、右ハンドルが30台。5速シーケンシャルトランスミッションは50台となっている。なお、予約は正規ディーラーでは受け付けておらず、下記公式ホームページからのみとなるので注意が必要だ。納車開始は2020年3月以降となる。

WEB CARTOP編集部

最終更新:11/13(水) 7:07
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事