ここから本文です

えっ、新車が10万円台!? 海外生産の日系125ccバイクってあり?

2019/11/13(水) 17:00配信

モーサイ

【約16万円!】ほぼ70年代のカタチのままFI化・HONDA CG125Fi

発展途上国へ輸出するため、1970年代に耐久性と実用性を追求して開発されたCG125が原型。長らく日本で生産したものを輸出する形でしたが、中国、ブラジルでは現地生産が行われるようになりました。

このバイク館SOXで販売されるのは中国のホンダ現地法人のひとつ、五羊本田が行っている「中国仕様」で、70年代の角張ったデザインをほぼそのまま引き継いでいます。ちなみに販売される国によって仕様は異なり、ブラジル仕様やブラジル生産の欧州仕様は丸型ヘッドライト&ティアドロップ型タンクとなり現代風のデザインです。

一方、エンジンは現代の環境に合わせフューエルインジェクションを採用。変速機がロータリー式5速ミッションになっていたり、12V電装となっていたりと、独自の発展を遂げている部分があります。

CG125Fi諸元

【エンジン・性能】
空冷4ストローク単気筒 総排気量124cc 最高出力7.3kW<9.9ps>/8000rpm 最大トルク9.5Nm<0.9kgm>/6500rpm
【寸法・重量】
全長1940 全幅740 全高1020 ホイールベース1200(各mm) 車両重量113kg 燃料タンク容量8.6L

【約19万円!】クラシカルなデザイン&高い実用性・HONDA LY125Fi

中国の五羊本田によるニューモデルで、クラシカルなだけでなく、ステッチの入ったシートやオレンジのタンクグラフィックなど、ポップな雰囲気もあるLY125Fi。

車格は立派で、フロントホイールは18インチを採用。フロントブレーキはディスクとなります。エンジンはフューエルインジェクションを採用した空冷OHV単気筒で、低中速域のトルクに優れた特性。変速機は5速ミッションが組み合わされます。

車両価格は18万9000円(2019年11月時点、税込み)で、車体色はブラックとレッドの2色となります。

LY125Fi諸元

【エンジン・性能】
空冷4ストローク単気筒 総排気量124cc 最高出力7.8kW<10.6ps>/8000rpm 最大トルク9.5Nm<0.9kgm>/6500rpm
【寸法・重量】
全長2005 全幅785 全高1095 ホイールベース1285(各mm) 車両重量124kg 燃料タンク容量9.3L

2/4ページ

最終更新:2019/11/18(月) 17:38
モーサイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ