ここから本文です

森田あゆみが3大会ぶりの勝利で2回戦へ [女子テニス]

11/13(水) 22:02配信

テニスマガジンONLINE

 ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「安藤証券オープン 東京」(ITFワールドテニスツアーW100/東京都江東区・有明テニスの森公園コート/11月11~17日/賞金総額10万ドル/ハードコート)の大会3日目は、女子シングルス1回戦残り13試合と女子ダブルス1回戦残り2試合が行われた。

2019年 女子国内国際大会表彰写真|PHOTOアルバム

 シングルスは、第1シードのジャン・シューアイ(中国)、第2シードのペン・シューアイ(中国)、第5シードの日比野菜緒(ブラス)、第6シードのジャスミン・パオリーニ(イタリア)、第7シードの奈良くるみ(安藤証券)、第8シードのワン・シンユー(中国)のシード勢が揃って2回戦に駒を進めた。

 そのほかの日本勢は、予選勝者の華谷和生(三浦工業)と二宮真琴(エディオン)、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した田中優季(安藤証券)と森田あゆみ(安藤証券)が初戦を突破した。

 元世界ランク40位の森田は、9月に京都(W25/室内カーペットコート)の準決勝で対戦して敗れていた加治遥(島津製作所)を6-1 6-2で下して3大会ぶりのマッチ勝利を挙げた。

 ダブルスでは、第2シードの穂積絵莉(日本住宅ローン)/二宮が永田杏里/佐藤南帆(ともに慶應義塾大学)を6-1 6-2で、第4シードのチェ・ジヒ/ハン・ナレ(ともに韓国)は西郷里奈(TEAM 自由が丘)/西郷幸奈(フリー)を6-0 6-1で破り、ベスト8が出揃った。

 11月14日(木)は10時00分から、女子シングルス2回戦8試合と女子ダブルス準々決勝4試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、LLはラッキールーザー、Ret.は途中棄権

■女子シングルス1回戦

○1ジャン・シューアイ(中国)[1] 6-0 6-1 ●2波形純理(伊予銀行)

○3ヨウ・シャオディ(中国)6-2 6-0 ●4ナオミ・チョン(アメリカ)[Q]

○6二宮真琴(エディオン)[Q] 6-3 6-4 ●5宮崎百合子(JITC)[WC]

○8日比野菜緒(ブラス)[5] 6-3 4-6 6-1 ●7シュー・シリン(中国)

------

○12リウ・ファンジョウ(中国)2-6 6-4 6-0 ●11穂積絵莉(日本住宅ローン)[Q]

○14田中優季(安藤証券)[WC] 7-5 6-4 ●13美濃越舞(安藤証券)[WC]

○16ワン・シンユー(中国)[8] 7-5 6-3 ●15林恵里奈(福井県スポーツ協会)[Q]

○17ジャスミン・パオリーニ(イタリア)[6] 6-2 6-2 ●18本玉真唯(島津製作所)[Q]

○20森田あゆみ(安藤証券)[WC] 6-1 6-2 ●19加治遥(島津製作所)

------

○23ナタリア・コスティッチ(セルビア)6-2 6-4 ●24牛島里咲(マサスポーツシステム)[LL]

○25奈良くるみ(安藤証券)[7] 6-3 6-4 ●26チャン・スジョン(韓国)

○29華谷和生(三浦工業)[Q] 6-2 6-0 ●30今西美晴(島津製作所)

○32ペン・シューアイ(中国)[2] 6-2 3-0 Ret. ●31内藤祐希(亀田製菓)

■女子ダブルス1回戦

○5チェ・ジヒ/ハン・ナレ(韓国)[4] 6-0 6-1 ●6西郷里奈/西郷幸奈(TEAM 自由が丘/フリー)

○16穂積絵莉/二宮真琴(日本住宅ローン/エディオン)[2] 6-1 6-2 ●15永田杏里/佐藤南帆(慶應義塾大学)

最終更新:11/13(水) 22:02
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事