ここから本文です

LINKS UMEDA誕生へ。ヨドバシホールディングスが手掛ける複合商業施設の新ブランド「LINKS」1号店

11/13(水) 15:45配信

PHILE WEB

■9フロアに200店舗が集結

ヨドバシホールディングスは、大阪・梅田の新ランドマーク「ヨドバシ梅田タワー」内の複合商業施設「LINKS UMEDA」を、今週末2019年11月16日(土)9:30にいよいよオープンする。開業に先駆け本日、メディア内覧会が催され、その全貌が明らかにされた。

LINKS UMEDAは、「つながる、ひろがる。ヨドバシカメラ&LINKSが巻き起こす新梅田ライフスタイル革命」をコンセプトに、地下1階から8階までの9フロアに、ファッション・食・サービスなど約200店舗が集結。その中には日本初や新業態19店舗、関西初23店舗、大阪初13店舗が含まれる。来客用駐車場も1200台に増設された。

地下1階はスーパーマーケット、食物販が集まる「LINKS MARCHE Eat&Walk」と20店舗以上の粋な飲み屋が集まる「おいしいもの横丁」で構成される、梅田最大級となる新しい食のエンターテインメントフロア。

1階は賑わいの拠点となるグランドフロア。「ユニクロ」が従来の2倍の約5600m2に拡大して移転。横浜や新宿、東京、仙台など主要都市への直行便が発着するバスターミナルも整備されている。2階はファッション×スポーツ×ビューティーのフロア。

3、4階はデイリーなショッピングフロア。関西初出店となる新ブランド「U.F.O.by Francfranc」、ABC-MARTの新たなコンセプトショップとなる、フラグシップアカウントの「GRAND STAGE」が出店。

5階は大型のキッズエリアで、ヨドバシカメラのキッズフロアと合わせて約9,900m2を誇る「キッズコンシャス・スポット」が誕生する。ミキハウスからテナントショップとして全国初となる「HOT BISCUITS」、関西初出店となる幼児向け英語フィットネスクラブ「My Gym」、アミューズメント施設「モーリーファンタジー」が登場する。

6階・7階はアウトドア、スポーツ、インテリアのフロア。7階では、多彩な商品を幅広く揃える「ニトリ」が、ライフスタイル提案型として約2,600m2(約800坪)の売場面積でオープン。

8階にはレストラン&カフェ。既存棟のレストランフロアも拡大リニューアル。さらに、世界でコミュニティ型ワークスペースを運営する「We Work」が出店。商業施設と同フロアへのオープンは日本初となる。

■業界勢力図を塗り替えるLINKS効果

ヨドバシカメラマルチメディア梅田をよく利用するという大阪市内在住の評論家・鴻池賢三氏は、「ヨドバシマルチメディア梅田が開店したのは2001年。当時は大阪駅前という大阪で随一の一等地に、百貨店ではなくビル一棟の超大型家電店ができるという報道は衝撃的でした。なぜなら、大阪には電気街 “日本橋” があり、既に郊外に大型家電店も数多く、 “駅前で家電を買う” 習慣がなかったからです」と振り返る。

しかし、「“店を回って値切る” のが基本だった関西人にとって、ヨドバシマルチメディア梅田の成功には懐疑的でしたが、立地が良く、品揃えが豊富で商品も見やすい。価格面でもリーズナブルと合理的なヨドバシに、関西人本来の合理性を求める気質がマッチし、現在の成功に至っていると思います」と分析する。

今回のLINKS出店について鴻池氏は、「いくつかの日本初出店、関西初出店の新規性を打ち出しつつ、ニトリ、ユニクロ、石井スポーツといった定番ともいえる店舗がワンフロアの大規模で出店しており、関西人には自然と馴染みそう」と語る。「大阪の家電販売の商慣習を打ち破り、人の流れも変えたヨドバシです。新ブランドLINKSのオープンにより、家電販売においても、若者層を中心にさらなる集客強化を実現し、業界勢力図を塗り替えるのではないでしょうか」とその活躍に大きな期待を寄せる。

■売り場面積9万平米、日本最大級の複合商業施設

日本最大級となる年間約5,000万人の来店客数と日本最大級の売り場面積を誇るヨドバシカメラマルチメディア梅田と専門店に、全フロアで連結するLINKSが一体になることで、延べ床面積では約22万平米、売り場面積で甲子園球場2.4個分に相当する9万平米の日本最大級となる複合商業施設の誕生となる。ヨドバシホールディングスでは「LINKS UMEDAの誕生により、ヨドバシにお越しのお客様のお買物や過ごし方が変わり、日々の暮らしの可能性が無限に広がる」とアピールする。

将来的には、ヨドバシ梅田タワーの2階に、建物の外周をぐるりと1周するペデストリアンデッキの整備が進められており、「グランフロント大阪方面」「阪急梅田駅方面」「芝田町方面」の3方向・5カ所が繋がり、周辺の全ての方向にアクセスが可能となる。「梅田の街を盛り上げる “新時代の複合商業施設” を目指す」と意気込む。

カメラ・家電量販店を展開するヨドバシホールディングスが、家電量販店という枠を超え、複合商業施設という新たにビジネスに挑戦する新ブランドLINKSには、「結び、つなげ、広げる」という意味が込められている。LINKS UMEDAはその第1号店。ヨドバシホールディングスでは今後、日本全国にLINKSブランドを展開していく構えだ。

PHILE WEB ビジネス編集部

最終更新:11/13(水) 15:45
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ