ここから本文です

攻撃的DF・進藤亮佑、代表初招集。「名前で守れるぐらいの存在感を」

11/13(水) 11:16配信

Number Web

 北海道コンサドーレ札幌の進藤亮佑のプレーを見ていると、日本代表の森保一監督の好みに合う選手だなと改めて思った。

【秘蔵写真】ロン毛時代の長谷部&本田や12歳のバルサ久保。試合中ニコニコ話す俊輔&中田英寿、ギラついていた頃のカズ。

 代表ウィークに入る前の横浜F・マリノス戦は、ともに攻撃的なチームが打ち合う激しいゲームになった。札幌は4バック、進藤はセンターバックではなく、右サイドバックでプレーした。

 GKのミスなどから開始4分間で2失点を喫したが、その4分後に1点を返して悪い流れを食い止めた。進藤は、前半こそ個人技とスピードのあるマテウス、ティーラトンらの対応に追われていたが、後半、3バックにシステムを戻してからは、水を得た魚のように攻守にアグレッシブになった。

 札幌の攻撃は、前線にボールが入るとダイレクトで繋いで崩していくのがひとつの特徴だ。

選手がオートマテイックに動く。

 例えば左サイドでチャナティップがボールを保持すれば、右ウイングバックが中に絞り、進藤はその外を回ってフリーの状態でポジションを取る。前にボールが運ばれていくと、進藤もポジションを上げ、ボックス内への侵入を試みる。逆サイドから進藤らにボールが送られ、シュートチャンスを得る。この動きには無駄がなく、非常に洗練されている。

 マリノス戦は試合こそ「自滅」で敗れたが、後半の攻撃の際は選手がオートマテイックに動き、再三チャンスを作っていた。

 攻撃時における進藤の貢献度は高い。

 今季、30試合で6得点を挙げ、チーム内の得点ランクは4位だが、チャナティップ(4点)よりも多い。ヘディングでは4得点でリーグ2位、「点の取れるDF」として強みを見せている。セットプレーでの福森晃斗のキックと進藤のヘディングはチームの得点源のひとつだ。

「思わずナイスキーパーって」

 マリノス戦でも後半開始3分、CKから打点の高い決定的なヘディングシュートを放った。惜しくもGKに弾かれチャンスを逸したが、進藤はそのことを聞かれると苦笑して、こう言った。

 「あれはキックが良かったし、僕のシュートも良かったけど、GKの朴(一圭)選手がいい反応をした。こぼれ球への反応もすごくてさすがだなって思い、思わずナイスキーパーって声をかけました」

 ピッチ上では進藤の攻撃力に目を奪われがちだが、森保監督は守備に不安がある選手を招集することはない。

1/3ページ

最終更新:11/13(水) 11:16
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事