ここから本文です

アテネ五輪代表メンバーから落選。 その時、鈴木啓太は何を思ったか

11/13(水) 6:30配信

webスポルティーバ

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第10回アテネ五輪に出場できなかった主将の胸中~鈴木啓太(3)

【写真】フランスW杯、カズ落選の舞台裏

 アテネ五輪アジア最終予選を突破し、日本はアテネ五輪の出場権を獲得した。鈴木啓太はキャプテンとして、大きな仕事をひとつやり終えたことに安堵していた。

「やっぱり(連続出場中の)五輪への扉を閉ざすわけにはいかないし、(監督の山本)昌邦さんは『アテネ経由ドイツ行き』とずっと言っていた。アテネ五輪に出場しないことには、それも始まらない。これは、自分たちの将来を賭けた戦いだったんです」

 だが、鈴木がある意味、彼自身の"本当の戦い"に置かれたのは、出場権を獲得したあとだった。

 五輪には、最終予選で貢献した選手全員が行けるわけではない。そもそも登録メンバーが18名と少なく、本番では23歳以上の選手を3人登録することができるオーバーエイジ枠もある。五輪に行く18名のメンバーに生き残ることは容易なことではなかった。

 最終的な登録メンバーを決める前に、沖縄合宿が行なわれた。そこで、鈴木は山本監督の自分に対する接し方が、最終予選の時とは異なることに違和感を覚えていた。

「最終予選の時は、僕に(山本監督が)とくに話をしてくることがなかったんです。それは、僕に対する信頼の証だと思っていたんですよ。でも、沖縄ではやたらと話かけてくるんです。『なんか変だなぁ』って思っていたら、(同時に)試合でもスタメン出場がなくなった。『これはもしかすると(自分は)アテネに行けないかも』って思いました」

 アテネ五輪のメンバー発表の日、鈴木は所属する浦和レッズのスタッフ、選手らとランチに出かけた。その際、不安が募り、注文したパスタがなかなか喉を通らなかった。

 クラブハウスに戻って程なくすると、田中マルクス闘莉王と田中達也だけが会見に呼ばれた。鈴木はアテネ五輪のメンバーから漏れたのである。

「ほんと、悔しかったですね。アテネ五輪に行けないことが、すごく恥ずかしかった。自分は絶対的な選手じゃなくて、19番目の選手だった......」

 涙は出なかった。

 自分の代わりに入った選手とは、どう転んでも敵わない差があったからだ。

1/3ページ

最終更新:11/13(水) 6:30
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事