ここから本文です

残業のご褒美はコンビニスイーツからエステへ!? ファッションフリークOL「WWDビューティ」最新号につぶやく

11/13(水) 9:00配信

WWD JAPAN.com

1992年生まれのファッションフリーク女子が、今週のファッション週刊紙「WWDビューティ」で気になったニュースを要約してお届け。渋谷のファッションベンチャー企業に勤める等身大OL、Azuがリアルな目線を生かし、「このニュースからはコレが見える」という切り口でさまざまな記事につぶやきます。

【画像】残業のご褒美はコンビニスイーツからエステへ!? ファッションフリークOL「WWDビューティ」最新号につぶやく

"今日のニュース:P.18「大阪・心斎橋に24時間営業の定額制セルフエステがオープン」"

ニュースのポイント

大阪を拠点にセルフエステ事業を展開する美TOBEが、セルフエステサロン「ビートゥービーラボ 心斎橋店」を11月11日にオープン。同サロンは24時間営業を実現し、全室完全個室で各個室に独自開発のエステマシンを導入した。セルフサービス方式でフェイシャルから全身までの施術をすることが可能。全身を3Dスキャナーで測定し専用アプリで管理することで、過去データとの比較が容易になる。料金体系は月額9800円からで、利用可能時間によってプランを選択できる。

AZUはこう読む!

ファッションフリークと自称させていただいていますが、洋服に熱を注ぐあまりその他の部分がかなりズボラです。というか言い訳をさせていただくと、自分のお手入れを頑張る時間と余裕がありません。何かのついでにネットや薬局、百貨店にフラッと寄ってコスメを買ったり家でメイクをしたりは好きだけれど、時間を作ってエステに行ったりヘアサロンに行ったりはあまりしないんです。

そこにお金をかけるなら服を一着買いたい、と思ってしまうのもありますが、そもそも営業時間内に予約して、時間通りに行くというハードルが高すぎます。脱毛サロンは予約が全く取れずに諦めました。平日は仕事のスケジュールが不安定なので時間が読めないし、休日はできるだけ休むか調べ物をしていたい……。なぜか私の中でエステやジムなどは平日に済ませたい義務のような感覚なので、休日に行こうと思わないのです(笑)。

だから24時間営業でひとりで落ち着いて施術ができるエステなんて、まさに私のような忙しい(というか営業時間内の予約に対して不安意識のある)ズボラOLにはもってこいのシステム!!「今日この仕事を終わらせれば明日が楽だ」と、ついうっかり深夜までノリノリで残業してしまう自主社畜タイプの人間なので、残業後のご褒美としてコンビニスイーツではなくエステの選択肢、大いにアリです。

Azu Satoh : 1992年生まれ。早稲田大学在学中に渡仏し、たまたま見たパリコレに衝撃を受けファッション業界を志す。セレクトショップで販売職を経験した後、2015年からファッションベンチャー企業スタイラーに参画。現在はデジタルマーケティング担当としてSNS運用などを行う。越境レディのためのSNSメディア「ROBE」(@robetokyo)を主催。趣味は、東京の可愛い若手ブランドを勝手に広めること。ご意見等はSNSまでお願いします。Twitter : @azunne

最終更新:11/13(水) 9:00
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事