ここから本文です

エレベーターが来ない問題 不満を減らす最新技術と古くからの知恵

11/14(木) 16:00配信

マネーポストWEB

「時は金なり」とは、貴重な時間を無駄にしてはいけないというあまりに有名な諺だが、現代人は“待つ”行為にどこまで価値を置いているのか? たとえば、日常的に利用する機会の多いエレベーターの場合、イライラせずにどこまで待てるだろうか。

 2013年のシチズン『ビジネスパーソンの「待ち時間」意識調査』によると、エレベーターを待つ間のイライラは、60秒になると急増することがわかった。そうした待ち時間を企業努力によって改善する試みも進んでいる。

 エレベーター業界で国内シェア1位を誇る三菱電機では、最新テクノロジーを駆使し、待ち時間短縮を物理的に可能にしているという。昇降機営業技術部課長の玉井雅さんが語る。

「複数台のエレベーター運行には『群管理』という制御システムを導入して、待ち時間が60秒以上の利用者の割合“長待ち率”をなるべく減らすよう努めています。また2014年には、行き先階ごとに利用者をまとめる『エレ・ナビ』システムを開発しました。全国で7件納入されていますが、平均待ち時間が約3割改善されたと好評をいただいています」

 同時に、待ち時間に対する不満を低減させる工夫も。

「群管理システムでは60秒以上待っている人を優先して迎えにいくため、エレベーターが素通りしたり反転することもあるので、乗り場での階床表示をなくしています」(玉井さん)

 実はこの“待ち時間”から気をそらす知恵は古くから知られていて、エレベーターの前に巨大な鏡を置くというものがある。待ち時間を鏡を見る時間に変えたことで、「エレベーターが来ない」というクレームをゼロにした例もあるのだ。

※女性セブン2019年11月21日号

最終更新:11/14(木) 16:00
マネーポストWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事