ここから本文です

実写版『リトル・マーメイド』、エリック王子役がついに決定!?

11/14(木) 23:07配信

Numero TOKYO

若手俳優ジョナ・ハウアー=キング(Jonah Hauer-King)が、実写版『リトル・マーメイド』のエリック王子役を演じることになりそうだ。

ジョナは同作品への出演に向けて、先週ロンドンでロブ・マーシャル監督の前で2度目のスクリーンテストを受けたと報じられている。

今月8日に日本公開された『ベラのワンダフル・ホーム』に主演しているジョナは、これまでにテレビのミニシリーズ『リトル・ウィメン』や『ハワーズ・エンド』などに出演している。

人気アニメの実写化となる今回の新作のキャスト陣は、主役のアリエル役にハル・ベイリー、トリトン王役にハビエル・バルデム、アースラ役にメリッサ・マッカーシーなどが決定している。

デヴィッド・マギーが脚本を担当するこの新作には、1989年製作オリジナルアニメ作品からの楽曲が再び登場するほか、『ハミルトン』のクリエイター、リン=マニュエル・ミランダが、オリジナル作品で作曲を担ったアラン・メンケンと共に新曲も制作中だという。

姉のクロエと組んだR&Bユニット、「クロエXハル」でブレイクしたアフリカ系アメリカ人のハルを、アニメ版では碧眼の赤髪だったアリエル役にディズニーが抜擢したことで論争が巻き起こったが、当の本人はそれをあまり気にしていないようで、以前こうコメントしていた。「この役は私を超えた、何か偉大なものと感じているの。夢を見ているみたいよ。ただ感謝の気持ちで一杯で、ネガティブなことは気にしないようにしている。とても美しいものとなるわ。それに参加できることにとても感激している」

一方、アリエルが想いを寄せるエリック王子役としてハリー・スタイルズが交渉に入ったものの、その後ソロ音楽活動に集中したいという理由で辞退していた。

最終更新:11/14(木) 23:07
Numero TOKYO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事