ここから本文です

レティシア王妃が見せた美しいジャケットスタイルに称賛の声あがる

11/14(木) 12:22配信

ハーパーズ バザー・オンライン

アマル・クルーニーやヴィクトリア・ベッカムと並んで、レティシア王妃は最高のワークウェア・ワードローブを持つ女性の一人。そして私たちの仕事用ルックがよりシャープにシックになるようインスパイアしてくれている。そんなレティシア王妃が今週、公式訪問でキューバに向かう際、この冬はステートメントなウールブレザーに投資すべきだと納得させてくれた。

【写真】トレンドの「赤」の着こなしはこれ! レティシア王妃に学ぶスタイルガイド

マドリッドで機上する前に写真に収まったレティシア王妃は、黒のシガレットパンツ、ヒールパンプス、ポロネックにウテルケ(Uterque)のモノクロ柄のウールジャケットで、洗練されたルック。ブレザーは小売価格200ポンド(約28000円)で、退屈になりがちなアンサンブルをドレスアップする選択肢として優秀、オフィスウェアをシックでスタイリッシュに見せてくれる。

スペインのブランド、ウテルケには同柄のスカートもあり、スカートスーツとしても着用可能だ。

けれど、レティシア王妃のように見せたかったら、例えば、チェックやタータン、ハウンドトゥースなど流行り廃りのない柄でかっちりした形のウールブレザーを選ぶこと。そうすれば、テイラード・シガレットパンツから、週末はもっとカジュアルなジーンズまで、何にでも合わせられる。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR UK

最終更新:11/14(木) 12:22
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事