ここから本文です

【パックンコラム】今からでも遅くない! トランプ弾劾を徹底解説

11/14(木) 17:01配信

ニューズウィーク日本版

<今までまったく注目して来なかった人にでもわかる、パックンの弾劾解説一問一答>

アメリカ史上4回目の大統領弾劾調査が本格化してきた。まったく注目してこなかった人でも、この壮大な政治劇についていけるように分かりやすく説明しよう。さらに分かりやすくするため、今回は質疑応答形式で書くことにする。

【動画】トランプの精神状態をめぐる米メディアの報道まとめ

◇ ◇ ◇

―ドナルド・トランプ大統領は何か悪いことをしたのですか?

それは断言できないが、大統領になる前の「前科」を全部無視して、当選後で決着がついたものだけに限っていうと、「トランプ大学」の詐欺で2500万ドルの和解金を払い、「トランプ財団」の資金不正流用で、200万ドルの罰金を命じられているのは間違いない。

―決着がついていないものもあるということですね?

はい。トランプ関連の疑惑は山ほどある。一番有名なのはロシアによる2016年の米大統領選挙への介入の教唆や助長、そしてそれを調べる捜査への司法妨害。これらはロバート・ムラー特別検察官が報告したものでもあるが、下院で関連の捜査が続いている。そのほかに、民事裁判中のものや、FBIや地方検察、下院の複数の委員会などで捜査中のものある。その一部だけを挙げると、偽証の教唆、性的暴行、名誉棄損、選挙法違反、就任式資金の不正流用、外国からの政治献金、外国からの報酬、脱税、保険やローン申請関係の虚偽報告、不法移民の雇用、などなど 。最近のアイドルグループのメンバーなみに数が多すぎて覚えられない。

―ほ! で、どれが今回の弾劾の的になりますか?

どれも! 上記のものは少し絡んでくるかもしれないが、弾劾調査の対象はまた別の問題行為。

―だったら、そこから説明を始めればよかったのでは?

長い助走だったね。失敬! 弾劾のきっかけとなったのは、トランプ大統領がアメリカからの軍事支援や首脳会談と引き換えに、政治目的で自分に有利な捜査を開始するようウクライナ政府に圧力をかけた疑惑だ。

―詳しく教えてください。

よろこんで! まず、ウクライナのクリミア半島が2014年にロシアに強引に併合されてから、ウクライナ政府は東部でロシアが支援する武装勢力と戦っている。そのため、ウクライナはアメリカからの武器や支援金を――想像すると気持ち悪い表現でいうと――喉から手が出るほど欲しい。

―喉から手が出たら、確かに気持ち悪いですね。

そんなウクライナに対して、アメリカ上下両院は400億円以上の軍事支援を決定したが、トランプ大統領はそれにストップをかけた。

―なんで?

政治目的で自分に有利な捜査を開始して欲しかったからって、さっき言ったろ? ちゃんと読みなさいよ!

―ちゃんと読んでいます! その捜査とは具体的に何ですか?

主に2つ。まず、「ロシアによる2016年の米大統領選挙への介入」というのは、本当はウクライナによる介入だったが、ロシアにその濡れ衣を着せた! という可能性を調べてほしかったようだ 。

―初めて聞きましたが、そんな説はありますか?

ないに等しい。ネトウヨの間で流行っているが、超マイナーな陰謀説だ。CIAやFBI、国土安全保障省など、17もの機関がロシアによる介入で間違いないと報告している。

―じゃ、トランプはなんでそれをウクライナに調べてほしい?

それは本人に聞かないと分からないが、「自分の当選はロシアによる介入のおかげだった」という印象を払拭したいからとか、ロシアへの経済制裁を緩和する口実が欲しいからなどと、推測される。

1/4ページ

最終更新:11/14(木) 18:25
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事