ここから本文です

『まだ結婚できない男』桑野は女性への“共感力”が高い? 一線を画す「独身貴族」の姿

11/14(木) 6:10配信

リアルサウンド

 13年前に人気を博したドラマ『結婚できない男』の続編『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系)が秋ドラマとして放送されている。前作から月日は流れ、時代は令和を迎えたが主人公の“結婚できない男”桑野信介(阿部寛)は現在53歳、相変わらず独身を貫きシングルライフを謳歌しているという設定は変わらない。

かわいいパグ犬・タツオもSNSで人気【写真】

 偏屈で皮肉屋な性格は健在などころかますます磨きがかかっているようにも思えるが、それでも最終的に周囲が桑野を見放さず、我々視聴者からも愛想を尽かされないのには彼の結婚観・女性観が影響しているのではないだろうか。

 桑野はアンチブログが開設されるほどの名の通った建築家で、自分で会社を経営している。そこに高身長、端正な顔立ちまで併せ持ち、婚活市場ではいわゆる高スペック男性と言える。そういった男性によく見受けられがちなあまり芳しくない特徴について、我々は春クールのドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系)で嫌というほど目の当たりにしてきた。対して、桑野に照らし合わせてみると彼は良くも悪くもやはりそこらの単なる「独身貴族」ではないようだ。

 まず桑野は女性のことを年齢的条件で見ない。世の独身貴族男性というのは往々にして自身のことは棚に上げて、相手には上限年齢を設けてくるもの。そして、「女性には婚期があるが、稼いでいる俺らにはそんなものは関係ない」と言わんばかりだ。これは一方で残酷な真実ではあるものの、それをあまりにわかりやすく態度に出されてしまうと興ざめであるし、この考えが行き過ぎるといわゆる「こじらせ男子」ができ上がってしまう。

 しかし、桑野は(そこまで子どもを欲していないから、というのもあるだろうが)弁護士まどか(吉田羊)や有希江(稲森いずみ)のことを「アラフォー未婚女性」というような見方はしておらず、年齢や性別にはかなりフラットで単に自身と同じ境遇の「独身同士」だと思っている。そこで「自分は男性だから」というようなエクスキューズを特に付けることもせず区別もしない。いわゆるバツイチとなった有希江についても何の隔たりも設けていない。この点はかなり好印象ではないだろうか。

 『東京独身男子』の男性3人は「結婚は墓場」「女性側にしかメリットがない」というスタンスだったが、桑野はむしろ女性にとっての結婚はさらに重圧がかかり大変だということを理解している。第5話で結婚を熱望する女性に対して、「結婚後の災難」として「親と親戚が倍になる」ことを挙げた上で、「特に女性は、結婚後も仕事は続けるのか? 子どもはまだか? とずっと問われ続ける。そういう余計なお節介を言うおじさん、おばさんが一生覆いかぶさってくるんだ」と、女性の代弁者かと思うほどに熱弁を繰り広げていた。極論を言いがちなのは桑野の特徴だが、とは言えここまで女性側に降りかかる息苦しさを自分の言葉で語れる男性、しかも未婚男性は珍しいだろう。

1/2ページ

最終更新:11/14(木) 6:10
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事