ここから本文です

ヘア&メイク長井かおりさん直伝!「眉メイク」は眉ブラシとグレーパウダーで簡単今っぽく

11/14(木) 21:50配信

集英社ハピプラニュース

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが、眉ブラシとグレーパウダーを使った新発想の眉メイクをレクチャーしてくれました。新発想の3ステップを試せば、その簡単さと仕上がりのギャップに「私、眉メイクの天才かも?」と思えるはず!

読者モデルの動画も参考に<眉メイクの記事まとめ>

◆ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
流行にたやすく流されない、その人の個性を生かしたいちばんきれいな自分に出会えるメイク提案が好評。メイク本『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』ほか、本を出せばヒットするといわれる人気者。

◆淡グレーアイブロウ 
ナチュラグラッセ アイブロウパウダー 01 ¥3200/ネイチャーズウェイ

◆淡ブラウンアイブロウ 
ケイト デザイニングアイブロウ3D EX- 4 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品(限定発売)

すっぴん

1.毛の色グレーを毛があってほしいところに立て置きする

すき間・欠け・薄いなど、ここに毛が“あったらいいな”と思うところに、毛の色に近いグレーパウダーをトントンと置く

グレーだから毛になりすませる!

2.明るいブラウンで眉全体を寝かせ塗りする

明るいブラウンなどの淡色パウダーを眉全体をカラーリングするように塗っていく。1のグレーがやわらぎ、抜け感が出る

グレーの上に明るいブラウンだからなじむ

3.2色を混ぜつつ 定着させるようにZ留めする

スクリューブラシを、地肌に小さなZを描くように、小刻みに押しあてる。1と2が絶妙に混ざり合い、自然な仕上がりに

完成!

いつものやり方とほら、こんなに違う!

明るめパウダーで一回描きだと毛となじまない~

マスカラまで丁寧に使うとかえって「メイクした感」が気になることも

濃いめブラウンで太めにするのも素敵だけど毛じゃない感は消せない…

撮影/押尾健太郎 ヘア&メイク/長井かおり モデル/宮本茉由 取材・原文/中島 彩 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 
※BAILA2019年12月号掲載

最終更新:11/14(木) 21:50
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事