ここから本文です

ジェニファー・アニストンのインスタが人気すぎ!そのSNSルールとは

11/14(木) 15:30配信

webマガジン mi-mollet

女優のジェニファー・アニストンが50歳にして、10月15日にインスタグラムのアカウントを開設。6時間以内にフォロワー100万人を突破し、一時はアクセスが集中しすぎてサーバーダウンするほどの人気ぶりを発揮していたのをご存知でしょうか。

今までのフォロワー100万人突破のギネス記録では、一位は今年アカウントを開設した、メーガン妃&ハリー王子の@sussexroyalが5時間45分。その記録を、ジェニファーは30分も早い5時間15分で抜いてしまった、と聞いたら、彼女の人気ぶりがわかるでしょうか。

 
ちなみに、記念すべき第一回目の投稿は、みんな大好き(ですよね?)ドラマ『フレンズ』の出演メンバーたちとの再会ショットで、ファンは狂喜乱舞。アラフィフにしてインスタ初参加のわりに、フォロワーたちの〝ツボ〟を心得ているように見えるのは、実は前から、フレンズメンバーたちのアカウントをフォローするために、見る専用のアカウントを持っていたからみたいです。

さて、そんな、『フレンズ』ファンを喜ばせるエピソード持ちのジェニファーですが、フォロワー1億9千300万人を超える人気インスタグラマーとして、彼女なりの〝インスタ・ルール〟があるらしいので、それをご紹介したいと思います。

俳優のマシュー・マコノヒーにはSNSについて「あんまり考えすぎず気楽に楽しむこと」とアドバイスしていたジェニファー。自らも、インスタ中毒にならないよう、スマホを2台持ちしてインスタ用スマホを決め、そのスマホはオフィスに置いておく。そしてインスタ投稿が必要なときだけそのスマホを使うそう。

そもそもアカウントを開設したのも、11月1日から配信開始した、アップルTVの新ドラマのプロモーションのためだと公言していたし、気さくに見えて、中身はしっかり者のビジネスマン。さすが、ドラマの1話出演料が1億円の女は、自己管理(?)もパーフェクト(笑)!


そう、投稿を見ていて思うのが、彼女はとてもユーモアのセンスがあって、スマートな女性なのだな、ということ。そして自分をかっこよく見せよう、という意識もなく、とにかく気さく。

最初の頃は自分のインスタ・デビューを祝う投稿をしてくれたセレブ仲間たちのインスタをひたすらストーリーに上げてはしゃぐ様子が可愛らしかったし、すっぴんや昔の変顔画像などなど、飾らない姿のセルフィーを投稿し、「映え」を意識してないところに好感度がますます上がってしまいました♡
 

さかい もゆる

最終更新:11/14(木) 15:30
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事