ここから本文です

100mを「3か月で1秒」短縮 “世界最速”ボルトと練習し、導き出した「究極の走り」

11/14(木) 9:20配信

THE ANSWER

【ビーチフラッグス・和田賢一が追求する“走りの技術論”|第3回】一緒に走って気づいた他の選手との“接地音”の違い

 26歳で和田賢一の100メートルのベストタイムは11秒8だった。全国の陸上クラブと次々にコンタクトを取り「10秒台で走りたい」と訴えたが「走るのは才能だから」「26歳では伸びしろがない」と受け入れを断られた。

【動画】ボルトは無重力でも速かった! 「地球でも宇宙でも人類最速」の声も…笑撃の“無重力レース”で圧勝した実際の様子

 和田は100メートルと200メートルの世界記録保持者であるウサイン・ボルトらが所属する、ジャマイカの「レーサーズ・トラック・クラブ」でも同じことを尋ねた。するとコーチから返って来た答えは真逆だった。どれだけ見当違いなことを言い出すんだという調子で、彼は笑った。

「ウチのクラブは、みんな世界記録や9秒台を目指し走っているんだ。10秒台? もちろん可能だ」

 コーチは、和田の走りを一見して言った。

「どうして踵を着いて走るんだ。スパイクには前の方にしかピンがついていないだろう?」

 和田自身は、踵を着いて走っているつもりはなかった。しかし大学時代に陸上を専門として来た先生から、「和田はマラソンのように100メートルを走るんだな」と言われたことを思い出した。

 コーチはシンプルに一言加えた。

「膝を高く上げてみろ」

 しかし立った状態で意識をすればできるが、実際に走り出すと膝が上がらない。

 一方で和田が気づいたのは、他の選手たちとの接地音の違いだった。つまり瞬時に地面を叩きつけるパワーが違う。和田は思った。

「同じ“走る”という単語を使っていても、彼らが描くイメージと、自分が思い込んでいた動きは、まったく別のものじゃないのか。それなら彼らの動きを習得すれば、タイムも縮まるはずだ」

 さらにウェイトトレーニングに移ると、一層相違点が浮き彫りになった。ウェイトトレは、和田の得意分野だった。例えば腕立て伏せなら、2番目の選手の倍以上の回数をこなした。ところが逆に1人取り残されるように、圧倒的に劣る筋力があった。それは爪先を下から直角に押し上げる力だった。和田は、ここに重要なヒントがある、と確信し仮説を立てた。

1/3ページ

最終更新:11/14(木) 10:58
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事