ここから本文です

みこと(福士蒼汰)、沙羅(菜々緒)にプロポーズ!ところが「予告だけで胸痛い…」の声<4分間のマリーゴールド>

11/14(木) 17:00配信

ザテレビジョン

福士蒼汰が主演を務めるドラマ「4分間のマリーゴールド」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)が、11月15日(金)に放送の第6話から、第二章に突入する。

【写真を見る】みこと(福士蒼汰)「結婚しよう」と沙羅(菜々緒)にプロポーズ…!(「4分間のマリーゴールド」第6話より)

小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞した、キリエによる同名漫画が原作の同ドラマは、手を重ねた人の「死の運命」が見えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みこと(福士)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との禁断の恋を描く切ないラブストーリーだ。

親の再婚を機に、沙羅と共にみことの義理の兄弟となった長男・廉を桐谷健太が、末っ子・藍を横浜流星が演じる。

■ 第6話あらすじ(11月15日[金]放送)

注目の第6話では――

年明けて、みこと(福士蒼汰)が視た沙羅(菜々緒)の運命の日まで9カ月を切った。みことと同様に廉(桐谷健太)と藍(横浜流星)も沙羅の運命を変えるために試行錯誤するが、何が起きるか分からないまま時間だけが過ぎていった。

ある朝、みことはいつものように沙羅と洗濯物を取り込んでいて、ふと沙羅に「結婚しよう」と言い出す。この何気ない日常の幸せに感極まって出た言葉だった。

みことからのプロポーズを喜んで受け入れる沙羅。しかし、2人の結婚の話を知った廉から「もし、沙羅の命を守れなかった時のことを考えているんじゃないか?」と言われ、みことは否定しつつも、動揺する。

一方、みことの後輩・上田(伊藤あさひ)は、救命の現場での重篤な事案が続いていたことから、心身ともに疲弊し、救急隊から内勤への異動を願い出るべきか考えていた。

ある日、非番の上田は男児が突然倒れる現場に遭遇する。そこに駆けつけたみことは、新人救命士だった頃に同じケースで救えなかった命があったことを思い出す。そんな中、沙羅が、やっぱり結婚はやめようと言い出し…。

――という物語が描かれる。

第6話では、みこと(福士蒼汰)の後輩救急隊員・上田(伊藤あさひ)にスポットが当たる。

救命士になって1年目の新人・上田は、重篤な事案が続いていたことから、心身ともに疲弊し、救急隊から内勤への異動を願い出るべきか考えていた。そんな中、小さい男の子が倒れた現場に出動し、さらなる不安に打ちのめされてしまう。救命士としての自信を失いかけた上田に、みことは自分が新人だった頃の話をする…。

伊藤は、スーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(2018~19年、テレビ朝日系)でルパンレッド役で注目を集め、2019年も「俺のスカート、どこ行った?」(2019年、日本テレビ系)、「高嶺と花」(2019年、フジテレビ)、「べしゃり暮らし」(2019年、テレビ朝日系)などのドラマにに出演。今注目を集めている若手俳優だ。

救命現場の厳しさを目の当たりにして苦悩する姿を、伊藤がどのように体現するのか、期待が高まる。また、実際にも事務所の先輩、後輩として親交のある福士と伊藤が、どのような先輩、後輩を演じるのかにも注目だ。

公式HPなどで公開されている予告動画の冒頭には、みことが沙羅に「結婚しよう」と伝え、沙羅が「私で良ければ」と笑顔でプロポーズを引き受ける幸せな姿が。

しかし、“気持ちがすれ違っていく…”というテロップとともに、みことが廉から「本当はどっかで助けられなかったこと考えてるんじゃないのか?」と言われ、「違うって!」と声を荒げる姿や、「いちばん怖いのは沙羅のはずなのに…」と涙する姿が。さらに、沙羅から「やっぱり結婚できない」と告げられるなど、予告動画だけでも怒涛の展開がうかがえる。

SNS上では「け、結婚!?え、別れ…!?」「幸せの絶頂から急降下…予告見てるだけでも胸が痛い…」「こんなに泣いているみことを見るのは初めて…」「みことみたいなシンプルなプロポーズにあこがれる…」といった感想が寄せられ、ラストへと向けて動き出す第二章の幕開けに、注目が集まっている。

「4分間のマリーゴールド」第6話は、11月15日(金)夜10:00より放送。

(ザテレビジョン)

最終更新:11/14(木) 17:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事