ここから本文です

日本代表、W杯予選キルギス戦「予想布陣」 堂安不在の右MF、状態に不安のボランチは?

11/14(木) 6:01配信

Football ZONE web

最終ラインはタジキスタン戦と同じ顔触れが濃厚 ボランチはコンディションが不安も…

 森保一監督率いる日本代表は、14日(現地17時15分/日本時間20時15分)に敵地でカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦に臨む。FIFAランキング94位ながら「個のフィジカルの強さがあり、技術的にもしっかりした規律のとれたチーム」(森保監督)相手にどのようなメンバーを起用するのか。

【写真】キルギス戦より着用予定の日本代表新デザインユニフォームが発表! "スタジアムから見上げる空"をイメージした最新デザイン

 主力格である冨安健洋(ボローニャ)の招集が見送られた最終ラインは、10月の敵地タジキスタン戦と同じ顔触れになりそうだ。12日に行われた5対5のミニゲームでは、酒井宏樹(マルセイユ)、植田直通(セルクル・ブルージュ)、吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(ガラタサライ)が並んだ。植田はタジキスタン戦で不安定な部分もあったが、サイズやフィジカルの強さを考えれば最有力と言っていいだろう。

 守護神は引き続き権田修一(ポルティモネンセ)か。権田と川島永嗣(ストラスブール)は今季所属クラブでリーグ戦に出場しておらず、レギュラーとしてプレーしているのはシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)のみ。試合勘を考えればシュミットの可能性も否定はできないが、権田は独自の調整法を確立しており、9月の国際親善試合パラグアイ戦から4試合連続でクリーンシートを達成している安定感も評価は高そうだ。

 懸念材料があるとすればボランチだろう。ゲームメーカータイプの柴崎岳は不動の存在だが、スペイン2部最下位に低迷するデポルティボ・ラ・コルーニャで3戦連続出番なしと苦境に直面している。さらに、遠藤航もドイツ2部シュツットガルトでリーグ戦出場1分のみ。橋本拳人(FC東京)も前日練習で合流したとはいえ、12日には全体メニューを回避している。所属クラブで試合に出場し、W杯予選を経験しているという意味では、山口蛍(ヴィッセル神戸)の抜擢も選択肢の一つかもしれない。

注目は右サイドハーフの人選 モンゴル戦で3アシストを決めた快足・伊東が優勢か

 順当にいけば、2列目は4試合連続ゴール中の南野拓実(ザルツブルク)、10番を背負う中島翔哉(ポルト)が攻撃の軸なのは間違いない。

 最も注目されるのが右サイドハーフの人選だ。今回、森保体制発足からレギュラー格として君臨してきた堂安律(PSV)、18歳の久保建英(マジョルカ)がU-22日本代表の活動に回ったため不在。現体制では左サイドの2番手を担ってきたロシアW杯組の原口元気(ハノーファー)の起用も考えられるが、10月のモンゴル戦で怒涛の3アシストを決め、UEFAチャンピオンズリーグでも研鑽を積む伊東純也(ヘンク)がやはり優勢だろう。

 1トップは森保監督のゲームプランに大きく左右されるかもしれない。10月のタジキスタン戦で起用された鎌田大地(フランクフルト)はトップ下移行後に存在感を発揮し、今回はMF登録に変わった。浅野拓磨(パルチザン)も左サイドで出場してゴールを決めており、FWは永井謙佑(FC東京)か鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の2人。どちらもスピードと裏への抜け出しを得意とするタイプだが、モンゴル戦でハマった永井の起用に落ち着くか。

 試合時間には気温が5℃を下回ることが予想され、なおかつ荒れた天然芝という厳しい環境での一戦となるが、しっかり敵地でW杯予選4連勝を飾りたいところだ。

Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

最終更新:11/14(木) 6:01
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事