ここから本文です

日本代表、敵地W杯予選でキルギス一蹴 森保監督が選手称賛「粘り強くタフに戦えた」

11/14(木) 22:17配信

Football ZONE web

敵地キルギス戦で2-0勝利、今予選4戦連続のクリーンシートをマーク

 日本代表は14日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選、アウェーでのキルギス戦に臨み2-0で勝利した。序盤は相手の勢いに押される時間帯があったものの勝ちきった。試合後のフラッシュインタビューに応じた森保一監督は「チャンスを生かしてくれたのは良かった」と選手の働きを称えている。

【写真】キルギス戦より着用の日本代表新デザインユニフォーム! "スタジアムから見上げる空"をイメージした最新デザイン

「完全アウェーのなか非常に難しい戦いでしたけど、粘り強くタフに戦えたことは良かったと思いますし、テレビの前で応援して下さる方に勝利を届けられて良かったです」

 指揮官は開口一番こう語った。敵地とはいえ、首位突破のために勝ち点を取って優位な状況で進めたい日本だったが、中盤の激しい潰し合いのなかで決定機を作られる場面もあった。しかしGK権田修一(ポルティモネンセ)の好セーブで凌ぐと、前半41分に南野が相手GKに倒されて獲得したPKを自ら決めて先制ゴールを奪った。

 後半8分、日本はMF遠藤航(シュツットガルト)の突破によりゴール正面でのフリーキックを獲得すると、キッカーを務めた原口のキックは壁を越えてゴール左に直接吸い込まれて、2-0とリードを広げた。その後は必死に挽回しようとしたキルギスの反撃を抑え込み、今予選4戦連続のクリーンシートをマークした。

「選手たちが、ピンチもありましたけど粘り強く戦ってチャンスを生かしてくれたのは良かった。まだまだゲームをコントロールできるようにしていきたい。キルギスの攻撃も非常に良かったが、最後のところで粘り強く守ることをやってくれた。目の前の試合に全力で最善の準備をして勝っていくことをやっていきたい」

 試合後、森保監督はこのように話した。この2次予選の4試合中3試合がアウェーで劣悪なピッチコンディションもあったなかで、4戦全勝で13得点無失点は順調と言っていいだろう。その手応えとともに、チームの強化はさらに続いていくはずだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/14(木) 23:03
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事