ここから本文です

キャプテン吉田麻也、敵地キルギス戦で勝利も冷静沈着 「もっともっとやれると思う」

11/14(木) 22:28配信

Football ZONE web

W杯2次予選キルギス戦で2-0の完封勝利 「粘り強く守れたので良かった」と評価も…

 日本代表の主将、DF吉田麻也(サウサンプトン)は14日のワールドカップ(W杯)アジア2次予選の敵地キルギス戦で2-0の勝利を収めた後に「もっともっとやれると思う」と語り、内容に満足していない様子を見せた。

【写真】キルギス戦より着用の日本代表新デザインユニフォーム! "スタジアムから見上げる空"をイメージした最新デザイン

 敵地の荒れが目立つピッチでの戦いで、キルギスは戦前の予想よりも攻撃的な姿勢でプレー。そのなかで日本はチャンスを迎えた一方で決定機も作られるなどピンチもあったが、前半41分にMF南野拓実(ザルツブルク)のゴールで先制。後半8分にMF原口元気(ハノーファー)が直接フリーキックを決めて2-0とリードを広げ、残り時間もボール支配は上回りながらもピンチがあるなかで守り切った。

 試合後、吉田は「前半はあまり良い形ではなかったけど、良い時間帯に得点できて、後半も良い形は作れなかったけど、粘り強く守れたので良かった。もっともっとやれると思う」と振り返った。森保一監督も試合後にゲームコントロールを課題に挙げたが、最終ラインをまとめた主将も同じ意見を持っていた。

 それでも日本は全8試合の2次予選での前半4試合、アウェーゲームが3試合組み込まれたなかで全勝。吉田は「この先、一つ一つ勝っていくことでワールドカップにつながると思うので、一つ一つ勝ちを重ねるだけです」と冷静に語り、まずは3月の2次予選2試合を見据えていた。

Football ZONE web編集部

最終更新:11/14(木) 23:03
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事