ここから本文です

安部裕葵、バルセロナトップチームで“日本人初出場”。現地メディアも伝える

11/14(木) 17:44配信

フットボールチャンネル

 バルセロナ対FCカルタヘナのチャリティーマッチが現地時間13日に行われ、バルサが2-0での勝利を収めた。この試合にはバルサのFW安部裕葵も出場している。

バルセロナの選手は何位に? 19/20サッカー選手能力値ランキング1位~100位【フォトギャラリー】

 鹿島アントラーズから今季バルサへ移籍した安部は、現在Bチームでプレー中。だがトップチームの多くの選手が各国代表チームに招集され不在となった中で、バルサBのチームメートたちとともにトップチームへの招集を受けた。

 控え選手やBチームの選手たちが中心ではあったとはいえ、ジェラール・ピケやウスマン・デンベレなど主力メンバーも出場した試合に安部は75分から交代出場。試合はカルレス・ペレスとアレハンドロ・マルケスの得点によりバルサが2-0で勝利を収めた。

 スペイン紙『アス』ではこの試合の選手評価の中で安部にも言及。だが「終盤に出てきて、良い形でボールを触れることはほとんどなかった」と述べるにとどめている。

 一方で、プレー内容以上にピッチに立ったこと自体が“歴史的”だとも捉えられた。カタルーニャ紙『アラ』など多くのメディアが、安部がトップチームデビューを飾ったことで、「バルサでプレーした初の日本人選手になった」と伝えている。

 加入直後のプレシーズンツアーではトップチームの日本遠征に帯同した安部だが、負傷のため出場機会は得られなかった。主力不在のチャリティーマッチとはいえ、バルサがトップチームの名前で行った試合で初めての出場を果たしたことになった。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:11/14(木) 17:44
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事