ここから本文です

昔の職場に顔を出す困った老人問題を筒井康隆さんが斬る

11/14(木) 7:31配信

デイリー新潮

 東京オリンピックのマラソン開催地移転問題で、ニュースであの人を見ながら、身の回りの御老人、先輩を連想した人も結構いるのではないだろうか。

 あの人とはそう、森喜朗元総理である。

 大盛り上がりのラグビーW杯の誘致の功労者ということでちょっとだけ上がったかに見えた株も、この一件でまた急落。もっともらしい顔でいろいろ言っていたものの、「老害」といった感想を述べる人は、ネット上に少なからず存在したのである。

 もっとも、企業でも学校でもうっとうしいOB(あるいはOG)というのは珍しくない。もう辞めたはず、あるいはもう一線から退いたはずなのに、何だか顔を出してくる。口を出してくる。

 そんな存在にストレスを感じた経験のある人からすれば、身近にいる迷惑な大先輩と元総理はどこか重なって見えるのかもしれない。森元総理も、元の職場ではないが、かつての職場近辺にやたらと顔を出しているのは間違いない。

 作家の筒井康隆さんは新著『老人の美学』で、こうした老人の心理を読み解き、そうならないための心構えについて説いている。以下、同書から引用してみよう。

「『また誰それさんから電話がかかってきて』と、昔の上司からの電話に悩んでいる人はずいぶん多いようだ。かける方にしたって、用もないのに電話をかければ相手に迷惑だし、煩(うるさ)がられ嫌われるということはある程度わかっている。しかし本人にしてみれば、自分ではどう仕様もない衝動がここには伴っていて、現在の自分の存在価値、ひいては存在理由を確認しなければいられぬ、のっぴきならない心理が働いていて、抑制、といったことにまで頭がまわらないのだ。

 定年退職した後、いったい自分はあの会社にとって何だったのか、あの時の自分に対する皆の尊敬や愛情はどこへ行ったのか、皆はまだおれのことを憶えてくれているんだろうか、さもなくば何でおれはこんなに暇で、我が身を持てあましているのか、そもそも自分とは何なのか、そんな疑問が湧きあがってきて、自分の存在への、ある意味根源的と言える不安に陥り、じっとしていられなくなるのである。そしてつまらないこと、それはつまり『あっ。あの件はどうなっただろう』『あっ。彼はあのことに巧く対応しているだろうか』といった、ごく小さなつまらないことを自分への口実にして電話をする。時には会社まで行ったりする。これを何度もやられたら昔の同僚や部下にしてみれば、たまったものではない。しかしそんなことをする衝動を抑制するには、相当以上の努力が必要だ。人並み以上の精神力、と言ってもいい。しかしこれは抑制しなければならないだろう。さもなくば用もないのにもとの会社に電話する、時には行くといった、自分の価値を自分で貶める行動をとることになるからだ」

1/2ページ

最終更新:11/14(木) 7:31
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事