ここから本文です

「女性と半年も続かない理由は・・・」35歳未婚・年収1,500万超の男が抱える深い悩みとは

11/14(木) 5:20配信

東京カレンダー

あなたは、出会ったことがないだろうか?

高収入・高学歴・見た目も悪くない。結婚していない理由はどこにも見当たらない男性に。

そんな彼らは、口を揃えて「いい人がいたら結婚したいと思ってるんです」と言うのである。

本連載では、彼らに「なぜ結婚しないのか?」という質問をぶつけ、その核心に迫る…!

前回は、理想の女性のスペックが高すぎる男を紹介した。さて、今回は?

Vol.7 優しすぎる男

名前:慎一郎(35歳)
職業:外資系金融機関勤務
推定年収:1,500万超


優しくて気遣いができる男性は、間違いなく結婚に向いているだろう。

今回の取材対象者・慎一郎さんは、話を聞いているとまさにそういう男性だった。

聞くところによると彼は、外資系金融機関に勤めており、食事会やアプリなどでそこそこ出会いはあるらしい。

彼女も途切れることがないとのことだが、その後の付き合いが続かず結婚までに至らないそう。

「大体、半年くらいで別れに至るケースが多いんですよね。付き合いが続かない理由は、いわゆる“マンネリ化”だと思います。僕は結構色々やってあげてしまうタイプで、最初は女性も喜んでくれるのですが、付き合うと当たり前になってしまって…」

別れるときは、慎一郎さんから切り出すケースが多いらしいが、それは女性の醸し出す“空気”を読み取って、とのこと。「穿った見方で申し訳ないのですが…」と前置きして慎一郎さんは続けた。

「女性は“悪者にはなりたくない”という気持ちもあるのでしょうか、自分からはハッキリ言わずに空気を出す・徐々にフェードアウトしていくようなやり方が多いのではないかと思います。だから最近ようやく、女性の言葉を鵜呑みにしてはいけないと悟ったんです」

条件もよく優しい男性は結婚向きだと思うが、付き合いが続かず結婚できないとは皮肉な話だ。

そんな慎一郎さんの「女性の言葉を鵜呑みにしてはいけない」と思った話を詳しく聞いてみた。

1/3ページ

最終更新:11/14(木) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事