ここから本文です

シーズンが終わった瞬間、次の年の戦いは始まっている。そのことを肝に銘じろ!【張本勲の喝!!】

11/15(金) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

オフの過ごし方で犯した大失敗

バットを振ることにかけては自信があった筆者だが、王[右]の練習量には驚かされた

 日本シリーズが終わり、プロ野球のシーズンは一区切りだ。秋季キャンプや日本代表のプレミア12などは行われているが、選手によってはオフシーズンへ入っていることだろう。

 プロ野球選手にとってこのオフシーズンの過ごし方というのは大切であり、難しい。あれをやれ、これをやれという指導者はおらず、周囲の目もない。ついつい自分に甘くなるし、怠けようと思えばいくらでも怠けることができる。すべては自己管理。まさに自分自身との戦いだ。

 私は41歳で現役を退いてからすでに38年が経つが、なぜあれをやらなかったのか、なぜあのとき怠けてしまったのかと、いまだに後悔していることが何十何百とある。オフの過ごし方もその一つだ。

 高卒で東映に入団した私は、1年目の1959年からスタメンで起用され新人王を獲得。2年目には打率3割を超え、3年目には.336で初のタイトルとなる首位打者を獲った。そして4年目には打率こそ.333でリーグ4位だったものの、31本塁打と99打点はいずれもタイトルを獲った野村克也さん(元南海ほか)に次ぐ2位。チームはリーグ優勝を果たし、四番を任されていた私はMVPに輝いて、さらに日本シリーズも制することができた。年俸は跳ね上がり、すでに夜の街で遊ぶことも覚えていた私は、どこに行ってもちやほやされるようになった。

 そんな環境の中で22歳の若造だった私の「自信」は「慢心」に変わってしまって・・・ 本文:2,551文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:11/15(金) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る