ここから本文です

難しい国際大会の戦い【立浪和義の超野球論】

11/15(金) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

過酷な条件の大会

プレミア12・1次ラウンド第1戦で3安打と活躍を見せた広島・菊池選手

 プレミア12が開催されています。今回は11月5日、1次ラウンドの初戦、ベネズエラ戦が終わったところで書いていますが、最終的には逆転勝利を飾ったとはいえ、途中まではかなり重い雰囲気の試合になりました。

 正直、選手の疲労度を考えると、大変難しい時期だと思います。長いペナントレースもそうですが、特にCS、日本シリーズと戦った選手に、そのあとさらに真剣勝負というのは、肉体的にも精神的にも、かなり酷なことです。東京オリンピックの前哨戦として、勝敗はもちろん大事ですが、ケガには十分気をつけながらやってほしいと思います。

 私は2013年のWBCでコーチ経験がありますが、国際大会というのは、いつもの公式戦とまったく違う雰囲気があります。環境的にもボールや審判のジャッジもそうですし、今回であれば台湾の球場はずいぶん下も荒れていたようです。選手も慣れるのに苦労しているはずです。

 実際のプレーでも相手の情報は映像やデータしかないはずです。バッターであれば、投手の持ち球などは分かったとしても、実際に打席に入らないと・・・ 本文:1,220文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:11/15(金) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る