ここから本文です

『おっさんずラブ』、新シリーズでもなお支持集めるワケ

11/15(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 昨年大ヒットし今秋、新シリーズとしてスタートしたドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系)。毎回、衝撃シーンが繰り広がられることでも話題のこの作品の魅力についてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 そんなわけで、第二話で衝撃の展開を見せた『おっさんずラブ-in the sky-』。

 今回の舞台は航空会社で、転職して新米CAとなった春田創一(田中圭)をめぐって、彼に思いを寄せる人たちの恋模様を描いている。前シリーズでは、不動産会社で25歳の牧(林遣都)と55歳の部長黒澤(吉田鋼太郎)の間にはさまり、三角関係に困惑し続けた田中圭だが、新作はさらに複雑。

 いきなり副操縦士の成瀬(千葉雄大)にキスされ、整備士の四宮(戸次重幸)は上半身裸の図も含め、春田のスケッチをたくさん描いていたことがわかる。そして、なぜか春田のことが気になり続けた機長の黒澤(吉田)が、ついに彼を空港デッキに呼び出し、「好きになってもいいですか」と告白。ここで終わるのかと思ったら、春田がおでんデートをした社の広報部員・緋夏(佐津川愛美) が、黒澤の娘だと発覚。しかも、黒澤の自宅で…。

 もはや何角関係なんだかわからない勢いで、ラブがあふれまくる展開だが、やっぱり面白いのは、黒澤の胸キュンシーンだ。春田と成瀬のキスシーンを目撃し、なぜ、こんなに胸が痛むのか心配した黒澤は、ロッカーの隙間で悶絶したり、春田の前であたふたしたり。駆け込んだ診療所では「恋の病」と診断されて、かえってふらふらになる有様。そうとは知らない春田に、相談したいことがあるから、自分が住む職場の寮に来てほしいと頼まれると「家に誘われた」とそわそわしつつ、走って逃げていくのである。

 さらにダメ押しのごとく「こちら機長黒澤」というアナウンスも入る。第二話では「ご搭乗のみなさま、心のシートベルトをしっかりお締めください」ときた。勝手にガタガタしてベルト締めなきゃなんないのは、機長でしょ!と視聴者に思わせるところがミソである。強面鋼太郎のヒロインぶりは、ドラマの名物、十八番といってもいい。

1/2ページ

最終更新:11/15(金) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事