ここから本文です

本格ダウンなら冷凍コンテナ内でも余裕か? 岩井ジョニ男が試す!

2019/11/15(金) 12:02配信

WEBUOMO

男とは高機能に惹かれるもの。そして、冬の機能服といえばダウンジャケット。日本では明らかにオーバースペックと思われるものでも、実際のところどれだけの寒さに耐えられるのか…。お笑い芸人・岩井ジョニ男が、マイナス20度のコンテナで本格仕様のダウンを試す!

MOUNTAIN HARDWARE「アブソルートゼロパーカ」

■肉厚だから寒くな~い!

「パッと見、こんなので動けるのって思うでしょ? すごく軽いし、この圧倒的モコモコ感からはまったく想像できないくらい圧迫感がなくて、びっくり! 指を通せるライナー付きで、袖からの冷気も防いでくれるから、安心感がある」。耐久性に富んだ繊維に撥水処理を施し、水に濡れた状態でも断熱効果を発揮する「Q シールドダウン」を採用。ダウンジャケット¥89000/マウンテンハードウェア(コロンビアスポーツウェアジャパン)

NANGA「マウンテンビレーコート」

■冷気が全然入り込みません!

ポーリッシュホワイトグースダウン200gを封入したブランド史上最強のスペックを誇る。「フロントにジップと両面テープを併用しているうえ、ウエストストラップが裾からの冷たい空気の侵入を許さない。スマートなシルエットなのに動きやすい!」。ダウンジャケット¥78400/ナンガ グローブ¥7800/エルマー バイ スワニー×ビームス プラス(ビームス プラス 原宿)

Marmot「1000レスターダウンパーカ」

■この普通っぽさがいいんですよ!

「今日試着した中ではいちばん軽いし、ボリューム感もぐっと抑えめ。だけど芯からじわじわ暖かくなって保温性はばっちり。ロゴもボディと同色でモダンだし、いちばん街で着たくなるデザインかもしれない」。メガネは曇ってしまっても、心も身体も晴れ晴れ。最高級のマザーグースを使用した1000フィルパワーダウン。羽毛量150gを充填しながら世界最軽量クラスの322gを実現。ダウンジャケット¥69000/マーモット(デサントジャパンお客様相談室) グローブ¥7800/アウトドアリサーチ(エイアンドエフ)

【JONIO IWAI】
タモリの付き人兼運転手を経て、2003年に井川修司とお笑いコンビ・イワイガワを結成。七三分けに黒縁メガネ、チョビヒゲを生やしたスーツ姿がトレードマーク。「さんまのお笑い向上委員会」など多くの番組で活躍する。

Movie:Kosuke Usui
Photos:Teppei Hoshida
Stylist:Atsuo Izumi
Text:Hisamoto Chikaraishi

最終更新:2019/11/15(金) 12:02
WEBUOMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事